癒香楽園 店長日記 - 2008/03

店長




[PR]



2008年03月27日(Thu)▲ページの先頭へ
人間だから間違うことはあるだろうけれど...
ヒラリー・クリントン上院議員は、今月17
日に行った演説で、1996年に当時大統領
だった夫とともにボスニア・ヘルツェゴビナ
を訪問したことについて、「狙撃されながら
着陸したことを覚えている。歓迎式典の代わ
りに私達は姿勢を低くして米軍基地へ向かう
車に飛び乗った。」と述べていました。  
                    
しかし、その後アメリカのメディアが当時の
資料映像を検証したところ、専用機が着陸し
たボスニアの空港では、歓迎式典で現地の子
供と談笑するクリントン氏の様子などが残っ
ており、全くの作り話だったことが証明され
ました。矛盾を突かれたクリントン氏は25
日に「睡眠不足だったので言い間違えた」と
述べるなど、開き直り気味の釈明を繰り返し
ました。                
                    
普通に考えれば、狙撃されながら飛行機を降
りるような、命の危険を感じたことを忘れる
はずが無いと思います。当時のボスニアは内
戦状態でしたから、全く危険がなかったとい
う事はないにせよ、いくらなんでも誇張しす
ぎだったのではないでしょうか。     
                    
政治家の演説に多少の誇張が入るのは良くあ
ることなのでしょうが、個人的には堂々とほ
ら話をして、それを指摘されたら「間違えた
だけ」などという人は信用できないと思うの
ですが、いかがでしょうか。       


2008年03月26日(Wed)▲ページの先頭へ
エコバッグの普及
ある雑誌がインターネット上で女性を対象に
行った調査で、エコバッグを「ほぼ毎日持ち
歩いている」という人は36.9%でした。
「たまに」の43.1%とあわせると、ほぼ
8割の人がなんらかの形でエコバッグを利用
しているようです。           
                    
使用者のうち、「もらったエコバッグを使用
している」という人が4割で、「買った」人
と「以前からあった物を使用している」人が
それぞれ2割程度でした。最近はいろいろな
ところでエコバッグを配っているので、1つ
2つは家にあるという人は多いのではないで
しょうか。               
                    
この結果を見ると、エコバッグの普及度は意
外と高いようですね。私も普段はエコバッグ
を持参しています。最初は少し面倒と感じま
したが、慣れてしまうと「スーツでスーパー
の買い物袋を持ち歩くのは、少しわびしくな
いか?」などと思ってしまうから不思議なも
のです。                


2008年03月25日(Tue)▲ページの先頭へ
スポーツと平和の祭典
8月に開催される北京オリンピックの聖火が
オリンピック発祥の地、ギリシャ・オリンピ
アで採火されました。複数の男性が式典会場
に乱入するなど、チベット自治区などでの暴
動に対する中国当局の反人権政策への抗議行
動が相次ぎ、AP通信は地元警察が4人を拘
束したと発表しました。         
                    
聖火リレーというと、平和と友好の象徴とい
うイメージもありますが、初めて聖火リレー
が行われたのは1936年のベルリンオリン
ピックで、3,000人以上のランナーが聖
火をオリンピアからドイツのベルリンまで運
びました。               
                    
「オリンピックはスポーツと平和の祭典だか
ら、政治は無関係」というのは、あくまで理
想主義だというのは分かっていましたが、聖
火リレーがもともとナチス・ドイツが国威発
揚のイベントの一つとして考えたというのは
いかにも象徴的ですね。         
                    
北京オリンピックはどうなるかちょっと不安
な要素もありますが、選手の皆さんは政治問
題を気にしないで、力一杯闘って欲しいと思
います。                


2008年03月24日(Mon)▲ページの先頭へ
人力車の日
明治3年(1870年)の3月24日に、東
京府(現在の東京都)が日本橋の車屋仲間3
人に、人力車の製造・営業を許可しました。
時速8〜10キロと籠よりも速くて乗り心地
も良かったことから広く好まれ、6年後には
東京で2万5000台を越え、明治30年に
は全国で約20万台も使われていました。 
                    
人力車が人気があった理由の一つに、その座
席の高さがありました。武士にひざまづく生
活を強いられていた庶民にとって、人力車で
人を見下ろしながら走る事は実に爽快だった
そうです。人力車が出来るまでは都内に1万
を越える籠があったそうですが、数年で全て
姿を消したそうです。          
                    
私の住んでいる浅草では、今でも観光用の人
力車が沢山残っており、路上に専用の駐車ス
ペースが設けられているほどです。私は乗っ
たことがありませんが、一度乗ったら明治の
人の気分が味わえて良いかもしれませんね。


2008年03月21日(Fri)▲ページの先頭へ
カラー映画の日
1951年の3月21日に、初の国際総天然
色(カラー)映画、「カルメン故郷に帰る」
が封切られました。監督は木下恵介、主演は
高峯秀子でした。ストリッパーの主人公が、
東京でストリッパーをしている、ストリップ
を芸術だと信じて疑わない主人公が、故郷の
信州に帰って様々な騒動を引き起こす喜劇で
した。                 
                    
太平洋戦争中の記録映像を見ると、アメリカ
が撮影した画像はすでに殆ど全てがカラーで
すが、その技術が日本の映画に反映されるま
でに、終戦後5年以上もかかったのですね。
終戦後直ぐは無理としても、もう少しはやく
入ってきていても良さそうなものですが、何
故そんなに時間がかかったのでしょうか。 
                    
戦争中の記録映像は、アメリカのものは今で
も鮮明で鑑賞に堪えられるレベルなのに対し
て、日本のものは音も画質も構図もひどく、
それだけを見ても国力の差は歴然です。それ
なのに良く3年半以上も戦争をしていたもの
だと思います。             


2008年03月19日(Wed)▲ページの先頭へ
少年探偵団大活躍!?
茨城県取手市の市立ふじしろ図書館で、駐輪
場に止めておいた小学生の自転車のカゴから
財布を盗んだ56歳の男を、男子小学生10
人が約100メートル追跡し、取り囲んで警
察署員に引き渡しました。        
                    
男は子供達に取り囲まれた際、特に抵抗しな
かったとのこと。盗んだ財布の中には120
円しか入っていませんでした。お手柄の10
人は小学6年生6人と5年生4人で、そのう
ち5年生の男児の財布が盗まれたのを図書館
2階から友達が目撃していたとのことです。
                    
子供ながらに窃盗犯逮捕に協力するとは、な
んとも勇気がありますね。子供時代の私なら
とてもそんな事はできなかったと思います。
今回は無事に捕まえることが出来て良かった
ですが、10人いても大人に本気で抵抗され
ていたら、少なくとも怪我人ぐらいは出てい
たことでしょう。            
                    
犯人逮捕も大事ですが、この子供達には貴重
品をしっかり自分で管理して、犯罪を未然に
防ぐと言うことを教えてあげることも大切で
はないでしょうか。           


2008年03月18日(Tue)▲ページの先頭へ
波浪推進船
海洋冒険家の堀江健一さん(69)が、アメ
リカハワイ州ホノルル市内の港から、日本に
向けて世界初の波浪推進船の航海に乗り出し
ました。成功すれば、化石燃料を全く使わな
い究極の「エコ船」の実用化に弾みが付く可
能性もあるとのことです。        
                    
波浪推移新船は、2枚の水平翼が波の動きを
吸収し、水泳の時に両足の幸を同時に上下さ
せて水を蹴る「ドルフィンキック」効果で進
む仕組みとのことです。計画では、5月末頃
に約7,000キロ離れた紀伊半島と四国の
間にある紀伊水道に到着する予定です。  
                    
化石燃料を使わないというのは大変面白いで
すが、速度が5〜6ノット(時速9〜11キ
ロ)と言いますから、随分のんびりした船旅
になるようです。素人考えですが、「風のあ
る時には帆も張った方が良いのでは?」など
と思ってしまいます。この技術を巧く応用し
て、発展させて貰いたいものです。    
                    
それにしても、2ヶ月以上もテレビもラジオ
もない船の上で一人旅なんて、私には考えら
れません。きっと退屈死にしてしまうことで
しょう。堀江さんは、余程強い精神力の持ち
主なのでしょうね。           



2008年03月17日(Mon)▲ページの先頭へ
漫画週刊誌の日
1959年の3月17日に、日本初の少年週
刊誌「マガジン」と「サンデー」が発売され
たことから、今日は漫画週刊誌の日とされて
います。当時は今と違って、読み物が多くマ
ンガは少ししか掲載されていませんでした。
                    
サンデーには、手塚治虫や藤子不二夫などの
作品が掲載されていました。ちなみに「ジャ
ンプ」が創刊されたのは1968年8月1日
と、大分後になります。         
                    
栄枯盛衰が激しい雑誌の世界で、50年近く
も同じ雑誌が続いているというのは凄いです
ね。ただ、最近はゲームなどにおされてマン
ガ雑誌全体の売上が落ちているようです。そ
ういえば電車の中でマンガを読んでいる人は
滅多に見かけなくなりました。携帯電話や携
帯ゲーム機をいじっている人は沢山いますの
で、現状を反映しているのかもしれません。


2008年03月11日(Tue)▲ページの先頭へ
妊婦とシートベルト
国内の産婦人科医のほとんどが加盟する日本
産科婦人科学会と、日本産婦人科医会の2団
体は、「妊婦はしない方が良い」との誤解が
ある乗用車のシートベルトについて、装着を
推奨する見解をまとめました。近く公表する
医師向けの診療指針に盛り込むものと見られ
ています。               
                    
道路交通法上は、シートベルトは「健康保持
上適当でない場合」は免除する規定があり、
専門家によると、「これを『妊婦はすべきで
はない』と誤解している人が多い」と話して
います。実際には、「正しく装着すれば事故
の体への影響を軽減できる」とのことです。
                    
私もずっと「妊婦とはシートベルトをしない
方が良いのだ」と思っていました。良く考え
れば現在の車は殆どエアバッグが標準装備な
ので、シートベルトをしないと危険なことも
あり、当然と言えば当然ですね。現状ではベ
ルトの必要性については、医師の間でも理解
が不十分だと言いますから、間違って広まっ
た常識というのは恐ろしいですね。    


2008年03月10日(Mon)▲ページの先頭へ
東京都平和の日
1945年3月10日深夜0時過ぎに、東京
でアメリカ軍のB29爆撃機344機による
焼夷弾攻撃がありました。投下された焼夷弾
は約38万発、1700トンにものぼりまし
た。この空襲による死者は約10万人とも言
われています。             
                    
火災から逃れるために、燃えないと思われて
いた鉄筋コンクリート造りの学校などに避難
した人もいましたが、火災の規模が余りにも
大きいため、火災旋風が至るところで発生し
て、建物に火が滝のように流れ込み、焼死す
る人や、炎に酸素を奪われて窒息する人も大
勢いました。また、川に逃げ込んだものの、
水温が低く凍死する人も多く、翌朝の隅田川
は凍死・溺死者で川面があふれていました。
                    
東京都は、戦争の惨禍を再び繰り返さないこ
とを誓い、3月10日を「東京都平和の日」
と定め、空襲で犠牲となられた方を追悼する
とともに、記念式典を開催しています。  


2008年03月08日(Sat)▲ページの先頭へ
調査捕鯨妨害
南極海を航行中の調査捕鯨船団の母船「日新
丸」が、環境保護団体シーシェパードの抗議
船から薬品入りのビンなどを投げ込まれまし
た。シーシェパードは3日にも薬品入りのビ
ンなどを投げつけ、日新丸の乗務員など3人
が怪我をしたばかりです。        
                    
日新丸に同乗する海上保安庁の人が、抗議船
に対して閃光や音響などで警告を表すボール
状の警告弾を7発投げて、危険な妨害活動を
中止するように警告しました。      
                    
シーシェパード側は、「船長が胸に衝撃を感
じて、防弾チョッキを調べたところ、弾が見
つかった」と主張していますが、海保は「警
告弾は威嚇のため上空へ投擲し、空中で破裂
するため、人に命中することはあり得ない」
と説明しています。           
                    
海上保安庁の人達がいきなり発泡することが
あり得ないということは、日本人なら誰しも
常識として分かることだと思います。自分達
の主張を通すためであれば、他人に怪我をさ
せようと嘘をつこうとお構いなしですね。 
                    
余りにも気分が悪いので、個人的にはここし
ばらくの間オーストラリア産の肉をスーパー
で買わないようにしています。お陰で肉と言
えば、豚や鶏ばかりになってしまいました。


2008年03月07日(Fri)▲ページの先頭へ
警察官と拳銃
警視庁滝野川署の男性巡査長(27)が、路
上で騒いでいた少年を立ち去らせるために、
拳銃を抜いて威嚇した全国から巡査長の行動
を指示する手紙やメールが署に相次いでいる
ことが分かりました。          
                    
「大声がうるさい」との苦情を受けて駆けつ
けた巡査長が、高校2年生の少年ら3人に注
意したところ、3人はいったんその場を離れ
たものの、10メートル先で再び座り込みま
した。名前などを訪ねても無視したため、拳
銃を抜いて立ち退かせました。3人が直後に
「銃を向けられた」と署に訴え出たため発覚
しました。               
                    
署などには手紙や電話、メールで計185件
の意見が寄せられましたが、批判的なものは
10件だけで、大半が警察官を養護するもの
や、少年を批判するものばかりでした。  
                    
私もこの警察官は正義感が強かっただけでは
ないかと思います。本当ならこんな不届きな
若者は鑑別所でもなんでも直ぐにたたき込む
べきでしょう。日本の警察は銃を使うことに
対して慎重すぎです。凶悪犯罪の際などは、
基本的に犯人は逮捕せずに射殺してしまうよ
うにすれば、無駄な裁判も減って税金も浮く
のではないでしょうか。         


2008年03月06日(Thu)▲ページの先頭へ
今年の桜は平年並み
気象庁が今年の桜(ソメイヨシノ)の開花予
想を発表しました。つぼみの成長を左右する
2月と3月の気温は、2月が低かったものの
3月は逆に高いものと見られているため、東
日本(関東甲信越と東海・北陸)では平年並
み、西日本(近畿以西)は平年並みか数日遅
めと見られています。          
                    
東京都心では3月27日ごろとされており、
開花から大体1週間程度で満開になります。
昨年は記録的暖冬で全国的に開花がはやかっ
たため、今年は殆どの地域で昨年より遅くな
る模様です。              
                    
ここのところ温暖化や異常気象のニュースが
多い中、久し振りに「平年並み」と言われる
とそれだけで何となくほっとします。各地で
行われる桜祭りの類も、今年は慌てて日程変
更したりせずに済みそうですね。     


2008年03月05日(Wed)▲ページの先頭へ
啓蟄
今日は二十四節気の啓蟄(けいちつ)。暦便
覧によれば、「陽気地中にうごき、ちぢまる
虫、穴をひらき出れば也」とのこと。冬眠を
していた虫が穴から出てくる頃という意味で
す。ここ青山は今日は良い天気で割と暖かい
一日ですが、実際に虫が活動を始めるのはも
う少し先ですね。また「柳の若芽が芽吹き蕗
のとうの花が咲く頃」とも言われています。
                    
柳は銀座に行けば植えてありますが、ふきの
とうを東京で探すのはちょっと難しいかもし
れませんね。もっとも、どこかの公園にでも
行けば植えてあるかもしれませんが。或いは
奥多摩の方にでも行けば自生しているのかも
しれません。              
                    
いずれにしても、そろそろ暖かくなってくる
頃なのでしょう。私は花粉症なので、最近は
毎日朝刊のスギ花粉予報をチェックする日々
が続いています。            


2008年03月04日(Tue)▲ページの先頭へ
裁判員制度
新潟県弁護士会が、来年5月までに導入され
る裁判員制度について、国民的議論が不十分
だとして実施を数年間延期するよう求める決
議をしていました。こうした決議は全国の弁
護士会で初めてのことです。       
                    
決議文は裁判員制度について、世論調査で回
答者の8割が裁判員になりたくないと回答し
ているとして、民主的討議を経ていないと指
摘しています。また個人の思想や良心が充分
に守られない恐れがあること、誤審や冤罪の
危険性、重罰化の懸念があることなどを延期
を求める理由として挙げています。    
                    
新しく導入される裁判員制度は、良い制度な
のかも知れませんが、私は個人的にメリット
が良くわかっていません。欧米では陪審員制
度が定着しているから良いのかもしれません
が、裁く人も裁かれる人も素人が間に入って
納得できるのでしょうか?それに、日本の場
合は裁判が長期化することもありますが、そ
の場合は裁判員も何年にもわたってやらなけ
ればならないのでしょうか。       
                    
もちろん、新しく導入しようと言うのですか
ら、私が良くわかっていないだけでメリット
は色々とあるのでしょう。それでも、これま
でメディアなどで公然と反対している人を余
り見かけなかったこともあり、専門家の中に
も反対している人達がいるという事が分かっ
ただけでも、なんとなく安心しました。  


2008年03月01日(Sat)▲ページの先頭へ
家庭の炭酸ガスを減らす。
東京都環境審議会は、都内の家庭から出る二
酸化炭素を平成32年に12年比で2割削減
すべきだとする答申を、石原晋太郎都知事に
提出しました。この目標は、都が月策定する
環境基本計画に盛り込まれます。二酸化炭素
削減への取り組みが遅れている家庭への目標
設定は、国や他の自治体にも影響を及ぼすと
見られています。            
                    
答申では「家庭での節電・省エネはまだ本格
的に始まっていない」として、家庭での取り
組み強化の必要性を指摘しています。28年
までに原子力発電所1基分に当たる100万
キロワット相当の太陽光発電・太陽熱利用機
器を、都内の家庭に導入すべきだとしていま
す。普及を促すため、都は家庭での太陽エネ
ルギー機器の初期投資が10年程度で回収で
きる仕組み作りを検討しています。    
                    
いくら省エネと言っても、家庭からの炭酸ガ
ス排出量を2割も減らすのは無理ではないか
と思いましたが、「太陽エネルギーを利用す
る機器を導入」と聞いて納得しました。こう
いう事にこそ補助金を使うのが、有効な税金
の使い途なのではないでしょうか。少なくと
も、今話題のカラオケセットや野球のグロー
ブ、マッサージチェアなどを買うより、納税
者の理解は得られそうだと思います。   


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年3月
           
         

アーカイブ
2006年 (169)
5月 (11)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (21)
9月 (24)
10月 (23)
11月 (19)
12月 (20)
2007年 (198)
1月 (17)
2月 (21)
3月 (15)
4月 (18)
5月 (10)
6月 (21)
7月 (19)
8月 (18)
9月 (13)
10月 (22)
11月 (11)
12月 (13)
2008年 (198)
1月 (15)
2月 (18)
3月 (16)
4月 (24)
5月 (18)
6月 (17)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (17)
10月 (15)
11月 (10)
12月 (13)
2009年 (202)
1月 (17)
2月 (17)
3月 (18)
4月 (18)
5月 (13)
6月 (20)
7月 (19)
8月 (12)
9月 (19)
10月 (17)
11月 (14)
12月 (18)
2010年 (48)
1月 (16)
2月 (18)
3月 (14)

アクセスカウンタ
今日:64
昨日:989
累計:1,143,418