癒香楽園 店長日記 - 2008/12

店長




[PR]



2008年12月29日(Mon)▲ページの先頭へ
良いお年を
エステサロンなどで、アロマオイルが大量に付着した洗濯物
を乾燥機にかけたために発火したという事故が報告されてい
ます。平成8年度から今年の11月末までに確認されている
のは全国で28件とのことですが、オイルが原因だと特定さ
れていないものも他にあるのではないかと言われています。
                           
独立行政法人・製品評価技術基盤機構の実験によると、紳士
用肌着にアロマオイル50グラムを染みこませて、他の衣類
と一緒に洗濯機で洗い、乾燥機で乾燥させた後に2時間放置
したところ、自然発火したそうです。          
                           
アロマオイルを50グラムも服につけることは通常ありませ
んし、乾燥機が止まった後に2時間も放置するというのは通
常ではあまり考えられませんが、ビンが割れてこぼすなどし
た場合はこのような状態になると思われます。      
                           
当店でもアロママッサージオイルを取り扱っておりますが、
大量にオイルがついたものは、洗濯した後でも乾燥機には絶
対に入れないで下さい。火災の原因となることがあります。
                           
なお、当店は12月30日(火)から1月4日(日)までは
長期休暇となります。商品の発送やお問い合わせに対する回
答は、1月5日(月)以降となりますのでご了承下さい。 
                           
私も暫く実家に帰省します。毎年両親と姉に土産を買ってい
るのですが、今年はまだ何を買うか決まっていません。何が
良いか聞いたら、「なんでも良いから、とにかく元気で帰っ
てこい」だそうです。有り難い話ではありますが、私の悩み
は解決してくれませんでした(笑)。          
と言うことで、皆様良いお年を。            


2008年12月25日(Thu)▲ページの先頭へ
サンタクロース
カナダのジェーソン・ケニー市がサンタクロースに公式に市
民権を授与したとのことです。移民大臣は「サンタはプレゼ
ントを配って回った世界一周旅行の後は、自動的にカナダに
再入国できる権利がある。」と発表しました。日本でも、マ
ンガのキャラクターやアザラシなどに市民権を与えたことも
ありますが、似たようなお遊びの一つなのでしょう。   
                           
ただ、サンタは従来から北極圏近くに住んでいるとされてい
るため、この動きは北極圏を巡る権益争いで有利に立ちたい
カナダ政府の思惑が背景にあるという見方もあるそうです。
近年、カナダやアメリカ、ロシアなどが北極圏を巡って権益
争いをする動きを強めています。            
                           
架空の存在であるサンタクロースの所属が、どうして現実の
権益争いにとって有益に働くのか良くわかりませんが、折角
夢のある話なので、出来ればそういった生臭い話と関連づけ
るのはやめてもらいたいですね。            
                           
私も子供の時にクリスマスプレゼントは貰っていましたが、
それはあくまで「親から」貰っていました。ですからサンタ
クロースの存在は、一秒たりとも信じた記憶がありません。
大人になってから聞いてみたら、周囲の人達が意外と「子供
の頃は信じていた」という話をするので、少し驚いてしまい
ました。                       


2008年12月22日(Mon)▲ページの先頭へ
刑務所見学
来年5月の裁判員制度開始に向けて、法務省矯正局は全国の
刑務所など刑事施設に対して、施設の見学をより多くの国民
に働きかけるよう通知しました。判決後に受刑者が過ごす施
設の状況を、裁判員になる可能性がある国民に広く知って貰
うことが必要と判断したためだそうです。        
                           
これまでも刑務所の見学は行われていましたが、刑務官OB
会や職員の家族、国の出先機関などに対象を特定している事
例があったそうです。見学内容は、受刑者の居ない居室や作
業場などを見たり、ビデオや資料などで受刑者の生活・矯正
の状況を知ることが出来るそうです。          
                           
刑務所の見学が出来るというのは、一般に知られていたこと
なのでしょうか?少なくとも私はこのニュースで初めて知り
ました。テレビなどではたまにドキュメント番組で報道され
たりしていますので、大体の想像はしていますが、実物を見
ることが出来るとは知りませんでした。         
                           
フランスでは、日本の裁判員に相当する立場になった人は、
監獄訪問のプログラムがあるそうです。個人的には、興味深
いと思う反面、見て楽しいものではないような気もしますの
で、裁判員に選ばれることがあれば、一度見に行ってこよう
と思います。もちろん、強制的に見なければならないように
なる事態だけは避けたいです。             

それと、「刑務所見学」というと、こどものころに良くやっ
た「モノポリー」というボードゲームをつい思い出してしま
いますね。



2008年12月19日(Fri)▲ページの先頭へ
地デジ移行への障害
2009年の世界の薄型テレビ売上高が、前年比16%減の
640億ドル(約5兆5700億円)となり、初めて前年割
れするとの予測が出ました。世界景気の後退で消費が冷え込
んでいることが大きく影響しています。         
                           
出荷台数では、液晶テレビが前年比17%増の1億1990
万台、プラズマテレビは5%増の1460万台と予想されて
いますが、店頭での価格下落が台数増のスピードを上回り、
販売額が前年を下回ると見られています。        
                           
私達消費者にとっては価格が下がる事は大歓迎ですが、製造
メーカーや販売店の方々にとっては、死活問題かもしれませ
んね。私は未だにブラウン管テレビを使っていますが、周囲
の友人たちは皆液晶やプラズマに買い換えています。   
                           
買い換えた人達からは「画像が綺麗だから早く買い換えた方
が良いよ」と言われるのですが、どうしても今使えるテレビ
を捨てて新しいのを買うのはもったいないように思えてなり
ません。                       
                           
それとNHKーBSを見ていると、時たま画面の右上に「ア
ナログ」と表示されるのですが、見る度に「さっさとテレビ
を買い換えろよ、この貧乏人が!」と言われているような気
がします。私個人に限って言えば、あの表示は地デジ移行へ
の大きな障害となっています(笑)。          


2008年12月18日(Thu)▲ページの先頭へ
逮捕の必要無し
愛知県長久手町で昨年5月に、警察官ら4人が死傷した発砲
立て籠もり事件で、殺人罪などに問われた被告が無期懲役の
判決を言い渡されました。この裁判に対しては、死亡した被
害者が一人の犯罪で、死刑判決が出るか注目が集まっていま
した。                        
                           
これは第1審の判決なので、どちらかが控訴したら第2審、
第3審と裁判が長引くことになります。控訴しなくても、こ
の犯人は刑務所で何年過ごすかわかりませんが、その間ずっ
と税金によって養われることになるのです。       
                           
この事件が起きたときにも書きましたが、警官隊に向かって
拳銃を撃っている時点で、殺意は明らかだと思います。本来
なら人質が全員脱出した時点で、逮捕する必要性は全くなく
なったと思います。                  
                           
いつも同じ主張を繰り返していますが、これからは銃を発砲
して立て籠もる事件については犯人は全て射殺して貰いたい
です。その方が無用な犯人の拘留から、裁判、刑の執行など
の税金が節約されて、非常に有益です。         
                           
今後、裁判員制度が導入されたら、このような犯罪者にはど
んどん死刑判決が下るようになるのではないでしょうか。私
のところには残念ながら裁判員の案内は来ませんでしたが、
私がこの裁判の裁判員に選ばれたら、冤罪の心配が全く無い
こともあり、強硬に死刑を主張して最後まで譲らなかったで
あろうと思います。                  


2008年12月17日(Wed)▲ページの先頭へ
日曜は安息日?
フランスの国民議会で「日曜開店法案」の審議が開始されま
す。これまでは「日曜日は安息日」というキリスト教の伝統
により、一部を除いて殆どの商店が閉店していました。この
法案はサルコジ大統領の「もっと働き、もっと稼ごう」とい
う選挙公約の一環で、デパートなどが店を開くことで従業員
の給与アップを目指すのが狙いです。          
                           
ヨーロッパでは日曜日は店舗の営業を法律で規制している国
が多いのですが、ドイツやイギリスなどは徐々に規制緩和の
方向に向かっています。ただ、キリスト教自体は今でも日曜
営業については反対の立場を表明しています。      
                           
日本では商業施設で日曜に休みになるのは、ビジネス街の中
にあるサラリーマン目当ての店だけで、だいたい従業員は日
曜以外の日に交代で休みを取るようにしているのではないか
と思われます。個人的には休みの日に営業しない商店は、余
りやる気がないのではないかと思ってしまいます。    
                           
休みの日に商業施設を閉めてしまうのは、どう考えても不合
理です。絶対に売上は伸びるのですから。それでも今まで法
律で規定してまで休みにしていたというのは、ヨーロッパに
おけるキリスト教の影響力の大きさを感じさせられます。 
                           
個人的には、休日に働いて平日に代休を取るというのは、な
んとなく得をしたような気がするので好きです。実際には全
然得をしているわけではないのですが、同僚などが働いてい
る時に休むというのは気分が良かったです。ヨーロッパの人
も、そういう楽しみを味わうと意見が変わるのではないかと
思うほどです(笑)。                 


2008年12月16日(Tue)▲ページの先頭へ
ラクダを食肉に
オーストラリアで野生のラクダが増えすぎて、対応に苦慮し
ているそうです。オーストラリアのラクダは、19世紀半ば
に大陸横断の輸送手段として輸入されたものが、交通機関の
発達によって野に放たれた野生化した物です。      
                           
ラクダは繁殖力が強いため増え続け、10年ごとに倍増を繰
り返して今では100万頭以上になっています。希少動植物
を食べるなどして生態系の破壊も問題になっているため、肉
を食用として流通させる案があがっています。味は「牛肉に
似ているが、脂肪は少ない」とのことです。       
                           
以前、「愛・地球博」のオーストラリアブースで、ワニ肉の
ハンバーガーを食べましたが、あっさりしていてなかなかお
いしかったです。オージービーフは個人的に不買運動中です
が、もしラクダの肉が日本に輸入されるのであれば、一度は
食べてみたいと思います。               
                           
それにしても、あれだけ鯨を「かわいそうだから殺すな」と
言っているオーストラリア人が、家畜でないラクダを殺して
食べることには抵抗感はないのでしょうか。「家畜は良いけ
れど野生動物は駄目」という理屈ならば、共感は出来ません
が理解は出来ますが、「ラクダは良いけれどクジラは駄目」
というのは理解すら不能です。             



2008年12月15日(Mon)▲ページの先頭へ
今年の漢字
少し古い話題で恐縮ですが、今年を表す漢字が「変」に決ま
りました。変革などを意味するとのことですが、この漢字は
どちらかといえばマイナスイメージが強い漢字です。景気が
悪いこともあって、余り明るい漢字にはならなかったのかも
しれませんね。                    
                           
先日も書きましたが、無差別通り魔殺人などは動機が良くわ
からないので、そのような事件が多発した今年を表すのに、
「変」は丁度良かったのかもしれません。        
                           
過去に選ばれた漢字を見ていると、良いイメージの漢字は3
分の1ぐらいで、後はネガティブイメージのある漢字か、あ
るいは選ばれた理由がネガティブなことから来ているものと
なっています。言霊ではありませんが、折角「今年を表す」
としているのだから、もうちょっと前向きなイメージで選ん
だ方が良いのではないかと思うのですが、そう思わない人の
方が随分多いという結果が出ているので、それはそれで仕方
のないことなのかもしれませんね。           



2008年12月11日(Thu)▲ページの先頭へ
電動アシスト自転車
平成20年の電動アシスト自転車の国内出荷台数が、排気量
50cc未満の原動機付き自転車を初めて上回る見通しにな
りました。ガソリン高や値頃感で電動アシスト自転車が販売
を伸ばしているのに対して、原付は規制強化などもあって前
年比で4割近い大幅減になる見込みです。原付の出荷台数は
昭和57年のピーク時から約10分の1に減る計算だとのこ
とです。                       
                           
原付は私も大学時代ずっと愛用していましたので、その便利
さは良く知っていますが、まさかこんなに早い段階で電動ア
シスト自転車より少なくなるとは思いませんでした。原付は
荷物も結構詰めるし、法定速度は30キロとは言え、アクセ
ルを全開にすれば60キロ近くまで出ます。一方電動アシス
ト自転車は、あくまでアシストなので時速24キロ以上では
アシストがゼロになります。              
                           
だから、私としては原付と電動アシスト自転車は全く別ジャ
ンルの物で、競合はしないのではないかと思っていました。
しかし、良く考えれば使用目的などは似ていますね。今後も
エコ意識の高まりなどから、どんどん電動アシスト自転車に
推移していくのでしょうが、それはそれで何となく寂しいよ
うな気もします。                   


2008年12月10日(Wed)▲ページの先頭へ
インフルエンザ流行開始
国立感染症研究所の調査で、インフルエンザ患者の報告が、
千葉県や栃木県などで急増し、関東筑豊もコインシーズンの
流行が始まったことがわかりました。関西では11月上旬に
既に流行入りが確認されており、来週にも全国的な「流行宣
言」が出される見通しとなりました。          
                           
調査によると、11月末までの1週間の患者数は3911人
で、医療機関1カ所あたりの報告数は0.83人で、流行の
目安である「1カ所あたり1人」に迫りました。関東では、
栃木(1.71人)と千葉(1.34人)が目安を声、今後
東京や埼玉にも流行が広がると見られています。     
                           
私も先日予防接種を受けましたが、効果が出るまでには2週
間ほどかかり、効果が出てからは5ヶ月ほど持続すると言う
ことなので、どうせ受けるのであればもう少し早めに受けて
おく方が良かったのかもしれません。折角予防接種を受けた
にもかかわらず、効果が出る前に感染して発病したというの
は一番馬鹿馬鹿しいので、これから2週間は普段より気合い
を入れて予防に努めたいと思います。          


2008年12月09日(Tue)▲ページの先頭へ
インフルエンザの予防接種
「今年はインフルエンザの患者数が、過去最高だった昨年に
次ぐペースで増加している」というニュースを見て、昨日久
し振りにインフルエンザの予防接種を受けてきました。イン
フルエンザの予防接種を受けたのは、小学生の時に学校でタ
ダで受けさせてくれる時以来のような気がします。    
                           
幸いにも私は過去10年以上にわたって、インフルエンザに
かかったことはありません。認識としても「カゼのちょっと
ひどい奴」ぐらいに思っていたのですが、調べてみると毎年
死ぬ人も結構出ている病気なのですね。勿論死んでいるのは
殆どが子供や高齢者など、体力が弱い人達ばかりなのでしょ
うが。                        
                           
病院に行くと簡単な問診票を書いただけで、診察もせずに看
護婦さんが注射を打ってくれました。非常に簡単だったのは
良いのですが、逆に簡単すぎて「たったこれだけで3千円も
するの?」と思ってしまうほどでした。しかし、今年は人混
みに出かける機会も増えそうなこともあり、これで安心が買
えると思えば、安い物なのかもしれません。       


2008年12月08日(Mon)▲ページの先頭へ
責任能力の有無
千葉県東金市で6歳の女の子が遺体で見つかった事件で、死
体遺棄容疑で逮捕されていた男性は、捜査本部の調べに対し
て「女の子を路上に置いた」と供述しているそうです。また
「女の子の靴と服をビニール袋に入れて捨て」とも供述して
いるということなので、この人が犯人で間違いないだろうと
思われます。                     
                           
ただ、「女の子が自宅についてきて、気がついたらぐったり
していた」などとも供述しているとのことで、完全に事件の
全容が解明されるまでにはまだ時間がかかりそうです。  
                           
この事件も、きっと裁判になったら「容疑者に犯行当時責任
能力があったかどうか」が最大の争点になるのではないかと
思われます。犯人を厳罰に処したからといって、殺されたお
子さんが帰ってくるわけではありませんが、やった事に対し
て責任は取らなければならないのではないでしょうか。  
                           
以前にも同じような事を書きましたが、「今現在その人がど
のような状態にあるか」は兎も角として、「犯罪者の犯行当
時の心理状態」が、随分時間がたってから正確にわかるとは
どうにも信じられません。もし正確にわかるのであれば、必
ずといって良いほど検察側と弁護側の鑑定結果が逆になる事
の説明がつきません。                 
                           
裁判員制度も導入される事ですし、もういい加減に「心神喪
失の場合は無罪」というのは、殺人や傷害、放火などの凶悪
犯罪についてだけでもさっさと廃止すべきなのではないかと
思います。                      


2008年12月05日(Fri)▲ページの先頭へ
犬猫を殺すのは無責任な飼い主
元厚生次官ら連続殺人事件で逮捕されている小泉容疑者です
が、動機は「34年前に愛犬を保健所で処分された恨みを晴
らした」と語っているそうです。新聞やテレビなどを見てい
ても、「不可解な動機」「真の動機の解明を」などと報道さ
れています。                     
                           
この容疑者はかつて「保健所が犬を殺す」などと言っていた
とか。何があったか知りませんが、私もこの話は信じがたい
と思います。結局相手は誰でも良く、単に目立ちたかっただ
けだったか、あるいは少しおかしかったという結論になるの
ではないかと予想しています。             
                           
それは兎も角、全国の保健所では年間50〜60万匹の犬猫
が殺処分されているそうです。それも殆どが飼い主の持ち込
みか、捨てられた犬猫を捕獲したものだとか。処分される側
から見たらとんでもない話です。            
                           
処分しなければならなくなるのは、勿論保健所があるからで
はなく、無責任な飼い主がいるからです。私は犬が好きなの
ですが、世話をする自身がないので絶対に飼いません。以前
テレビでペットを捨てるなという番組内で、専門家が「もし
要らなくなったら、自分で殺して肉を食べてください。その
ぐらいの覚悟がないなら、ペットを飼わないでください」と
訴えかけていましたが、全くその通りだと思います。   


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年12月
 
     

アーカイブ
2006年 (169)
5月 (11)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (21)
9月 (24)
10月 (23)
11月 (19)
12月 (20)
2007年 (198)
1月 (17)
2月 (21)
3月 (15)
4月 (18)
5月 (10)
6月 (21)
7月 (19)
8月 (18)
9月 (13)
10月 (22)
11月 (11)
12月 (13)
2008年 (198)
1月 (15)
2月 (18)
3月 (16)
4月 (24)
5月 (18)
6月 (17)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (17)
10月 (15)
11月 (10)
12月 (13)
2009年 (202)
1月 (17)
2月 (17)
3月 (18)
4月 (18)
5月 (13)
6月 (20)
7月 (19)
8月 (12)
9月 (19)
10月 (17)
11月 (14)
12月 (18)
2010年 (48)
1月 (16)
2月 (18)
3月 (14)

アクセスカウンタ
今日:52
昨日:989
累計:1,143,406