癒香楽園 店長日記 - 2009

店長




[PR]



2009年12月29日(Tue)▲ページの先頭へ
良いお年を
 本日で当店の本年の営業は終了です。一年間、どうも
 有り難う御座いました。来年は1月5日(火)から営
 業開始いたします。その間は商品の発送やお問い合わ
 せに対する回答は出来かねます。予めご了承下さい。
                         
 個人的には、富山県の実家に帰省する予定です。今年
 はここ数年になく雪が降ったようなので、久し振りに
 地元でスキーが楽しめるのではないかと期待していま
 す。2年ぶりになるので、まずは怪我をしないように
 しなければと思っています。           
                         
 それでは皆様、よいお年をお迎えください。    


2009年12月28日(Mon)▲ページの先頭へ
ワクチン大量に余る
 当初は、「足りない」と大騒ぎした新型インフルエンザ
 ワクチンが、今度は逆に「余る」事が確実な状況になっ
 ています。流行が下火になりつつあることで接種希望者
 が減ることや、来年2月には9900万人分のワクチン
 が輸入される予定のためです。医療現場では既に接種予
 約のキャンセルも出始めています。         
                          
 厚生労働省が今回の新型インフルエンザのために用意し
 たワクチンは、一人一回接種の場合で国産が5400万
 人分、輸入の9900万人分をあわせると1億5300
 万人分となり、日本の人口を大きく上回ります。当初は
 二回接種が必要とされていたことにあわせて、流行が下
 火になっていることもあり、かなりの供給過剰になって
 います。                     
                          
 輸入ワクチンは、契約上品質に明らかな問題がない限り
 は返品不可で、輸入に使われた税金は1126億円にも
 なります。厚生労働省血液対策課は、「確かに余るだろ
 うが、再流行や来年の流行にも使える可能性はあり、直
 ちに無駄になるとは言えない。大きく構えておくのが危
 機管理の基本。検証は必要だが、冬至の判断は間違って
 いなかった」としています。            
                          
 確かに流行が始まった当初は、世界中で大流行して死者
 も多数出るのではないかと言われていましたが、結局の
 ところ季節性とさほど変わらない危険性だったこともあ
 り、ワクチン接種希望者は予想をはるかに下回ったとい
 うことなのですね。ある程度は仕方がないことなのかも
 しれませんが、輸入した分がそっくり余ってしまうとい
 うのはちょっと勿体ないような気がします。     


2009年12月25日(Fri)▲ページの先頭へ
東京都の少子化
 東京都の調査で、来年1月1日現在の都内の新成人
 は前年比6千人減の11万6千人と推計され、昭和
 27年の調査開始以降最少となることが分かりまし
 た。新成人の減少は18年連続となります。   
                        
 とによると、新成人の総人口約1260万人に占め
 る割合は約0.9%で、男性は6万人、女性は5万
 6千人でした。都の女性1人が生涯に産む子供の数
 を示す合計特殊出生率は1.09で、全国平均を 
 0.28ポイント下回っています。都は、今後10
 年程度は新成人の減少傾向が続くと見ています。 
                        
 夜中や休みの日に渋谷や原宿などに行くと、「一体
 どこにこんなに沢山若者が居たのか?」と思うほど
 に人、特に若者であふれかえっているのですが、そ
 れでも数字は減少しているのですね。あそこにいる
 人達の全てが東京在住ではないにしても、かなりの
 割合で東京都民が含まれていると思うのですが。 
                        
 都内に居ると周囲に人は溢れているし、若者や子供
 の姿も沢山見かけるので、少子化といわれてもさっ
 ぱり実感がわかないのですが、こうして数字にされ
 ると危機的状況だと言うことは良くわかります。特
 に合計特殊出生率が全国平均を大きく下回っている
 というのは、なんとなく普段から感じているイメー
 ジ通りです。もっとも、だからといって自分が状況
 の改善に一役買おうという気にはさっぱりならない
 のですが。                  


2009年12月24日(Thu)▲ページの先頭へ
味付けは適当ではダメ
 冬至に「カボチャを煮る」宣言をしましたが、一応その結果
 をご報告します。まず結果から言いますと、「結構微妙な感
 じ」でした。というのも、前2回はとろみを付ける水溶き片
 栗粉がダマになったり多すぎたりしたので、今回はその部分
 に気合いを入れていたのです。             
                            
 気合の成果かとろみはうまくついたのですが、そこで味を見
 てないことに気がついて、味見をすると結構濃いめ。仕方な
 く水を足したら、折角うまくいっていたとろみ付けがちょっ
 と妙な感じに。どうせ自分で食べるだけなのでそのまま食べ
 ましたが、気合いを入れた割には今一つのできでした。  
                            
 私の姉は「料理は本などのレシピを見てその通りに作るとお
 いしくなるが、適当に作ると適当な味になる」と言います。
 確かにその通りなのですが、私の場合は「どうせ自分で食べ
 るだけだから」といつも調味料は量らずにカンで入れている
 ので、結構失敗が多いです。以前母親が計量スプーンを送っ
 てくれたので持っていないわけではないのですが、面倒なの
 で殆ど使っていません。                
                            
 ただ、今回は大々的に宣言して作ったにもかかわらずうまく
 いかなかったので、個人的にはちょっとショックでした。次
 回から調味料はちゃんと量ってから入れるようにしようと思
 います。もっとも、「とろみを付ける前に味見をする」とい
 う方向で落ち着くかもしれませんが(笑)。       


2009年12月22日(Tue)▲ページの先頭へ
今日は冬至
 今日は冬至。一年のうちで昼が一番短く、夜が一番
 長い日です。ゆず湯に入ったり、カボチャを食べた
 りする習慣が残る日です。私は東京に来てからは特
 に意識してカボチャを食べるということはありませ
 んでしたが、先日知り合いからカボチャを頂いたの
 で、折角ですから今晩はカボチャを煮て食べようと
 思っています。                
                        
 ところで、ゆず湯は体が温まるので何となく分かる
 のですが、冬至にカボチャを食べると良いとされて
 いる理由については知りませんでした。少し調べて
 みると、「昔はこの時期に穫れる野菜は少なく、保
 存が利く物も少なかった。カボチャは保存が利き、
 保存中の栄養素の損失も他の野菜にくらべて少ない
 ため、この時期の貴重な栄養源だった」とされてお
 り、こちらも納得しました。          
                        
 カボチャの栄養素の特徴は、カロチンを多く含んで
 いることです。カロチンは体内でビタミンAになっ
 て肌や粘膜を丈夫にし、感染症に対する抵抗力をつ
 ける効果があるそうです。「冬至にカボチャを食べ
 るとカゼをひかない」というのは、ここから来てい
 るそうです。                 
                        
 カボチャの煮物は、以前姉に作り方を教わって二度
 作りましたが、一度目は水溶き片栗粉を一気に投入
 してダマダマに、二度目は入れすぎてプルプルにし
 てしまいました。三度目の正直で今回はうまくいく
 よう頑張りたいと思います。          


2009年12月21日(Mon)▲ページの先頭へ
痴漢対策で電車内にカメラ設置
 悪質化する電車内の痴漢対策の一つとして、車両内への
 防犯カメラ設置案が浮上しています。警視庁と埼玉、千
 葉、神奈川の3県警は抑止効果が見込めるとして、首都
 圏の鉄道事業者にカメラ設置を要請しました。JR東日
 本が被害が多発している埼京線車内に年内にも試験的に
 設置する方針を固めました。            
                          
 警察関係者は「被害者の周囲に誰が立っていたか位置関
 係を特定できればケースによっては捜査の助けになり、
 痴漢を思いとどまらせる抑止効果もあるはず」と期待し
 ています。その一方で、鉄道各社は「一車両に何台設置
 すれば車内全体が撮れるのかといったデータがない」、
 「所有する車両全てにカメラを設置すれば、設置費だけ
 でなく相当な維持管理費もかかってくる」など、コスト
 面の問題やプライバシーの問題などもあって、消極的な
 ようです。                    
                          
 痴漢の被害を防ぐためにカメラ設置は良い事に思えるの
 ですが、混雑している車内でどれだけ効力を発揮するか
 は良くわかりません。私も何度か通勤時間帯に埼京線に
 乗車したことがありますが、殆ど殺人的な混み具合で、
 周囲の人と密着するなと言うのが無理な状態でした。 
 ラッシュアワーを若干外した時間帯ならば、カメラは有
 効かもしれないとは思います。           
                          
 いずれにしても一部の不届き者のせいで、被害者の方は
 勿論として、警察や鉄道会社が振り回されているのは、
 困ったものですね。被害が無くならない以上、将来的に
 はカメラ設置は避けられない流れなのではないかと思い
 ます。私は被害者にも加害者にもなる可能性はほぼ無い
 と思いますが、最近では冤罪被害という可能性もあるの
 で、充分気をつけたいと思います。         


2009年12月18日(Fri)▲ページの先頭へ
離婚件数増加
 厚生労働省の「人口動態統計」によると、平成7年には
 約19万9千件だった離婚件数は、19年には25万5
 千件になりました。統計によると、25〜29歳の女性
 の離婚件数は、2年には約2万4千件でしたが、19年
 には約3万2千人になりました。30〜34歳の女性の
 離婚件数も2年の約1万9千件から19年には約4万1
 千件に増加しました。               
                          
 内閣府が発表した、「男女共同参画社会に関する世論調
 査」では、「結婚しても相手に満足できない時は離婚す
 れば良いか」との問に対して、半数が「賛成」か「どち
 らかといえば賛成」と答えるなど、意識の上でも離婚に
 対する抵抗感が少なくなっていることが伺えます。  
                          
 結婚もしていない私が言うのも何ですが、個人的にも離
 婚に対する抵抗感は以前に比べて少なくなりました。私
 の少ない知り合いのなかでも、離婚をしている人は何人
 もいますし。田舎育ちのせいか、昔は離婚というとなん
 だかとても悪いことのような気がしていましたが、今で
 は良くある事なのではないかと思うようになりました。
                          
 結婚をしないで子供を持つことや、離婚をして子育てを
 することがごく一般的になれば、日本の少子化は多少改
 善するのではないかと思うのですが、おかしいでしょう
 か。もちろん行政を含めて周囲のサポートが必要になる
 ケースが多いとは思われますが。          


2009年12月17日(Thu)▲ページの先頭へ
何でも救済で良いのか?
 厚生労働省の調査で、保護者が国民健康保険の保険料
 を滞納して、子供が「無保険」状態になる事を防ぐた
 め、昨年12月に改正された国民健康保険法で救済措
 置の対象外となった高校生や同世代の若者が約1万6
 千人いる事が分かりました。現在は中学生以下につい
 ては、親などが保険料を滞納していても、6ヶ月間有
 効の短期証が交付されますが、高校生世代は対象外で
 した。                     
                         
 厚生労働省は、来年の通常国会に国民健康保険法の再
 改正案を提出し、高校生世代も中学生以下と同様に救
 済措置の対象に加える方向で検討しているそうです。
                         
 一見救済することは正義のような気もしますが、保険
 料を払っていない人を払っている人と同様に扱う措置
 をどんどん拡大していくというのはなんとなく違和感
 を感じてしまいます。              
                         
 別に保険に入ってなかったら診療して貰えないと言う
 ことはなく、全額自分で負担すれば良いだけのことで
 す。1万6千人も居るという事は、「別に病気になん
 かならないだろう」と思っている親が相当数居るとい
 う事ではないでしょうか。実際に病気になった際に全
 額払っても、過去に遡って保険料を納付したら、治療
 費のうちから保険分は戻ってくる筈です。     
                         
 私は高校授業料無料化も反対です。高校の学費なんて
 今の制度だって頑張って勉強した人達には、何も言わ
 なくても「無料で我が校に入ってください」という通
 知がいくつもの高校から届くはずです。幾ら少子化で
 も、なんでもかんでも子供の事なら政府がお金を払う
 ようにしようというのは納得できません。保険に入っ
 てない人は、全額負担すれば良いだけなのではないで
 しょうか。こういう案こそ真っ先に「仕分け」しても
 らいたいですね。                


2009年12月16日(Wed)▲ページの先頭へ
遺族感情と裁判員
 佐賀県基山町で平成16年に当時30歳の長男を殺害
 したとして殺人罪に問われた男性(60)の裁判員裁
 判第2回公判が佐賀地裁で開かれました。4人の証人
 尋問が行われて、被告の妻(58)が心境を語った場
 面では目頭を押さえる裁判員もいました。     
                         
 弁護側は、長男の前妻への暴力が事件の引き金になっ
 たと主張しています。女性裁判員の一人が被告の妻に
 「厳罰は望まないですか」と質問すると、妻は「(殺
 されたのは)かわいい息子だが、お父さんは変わらな
 いくらい大切です」と涙ぐみ、早く帰ってきて欲しい
 と訴えました。                 
                         
 こういう事件の判決は、これまでのプロだけで行われ
 てきた裁判と、現在の裁判員制度による判決とでどの
 ぐらいの差が出るのか、注目したいと思います。「情
 状による判断」がどの程度判決に影響するかがポイン
 トになると思われるからです。          
                         
 私がもし裁判員に選ばれて、目の前でこのような証言
 をされたら情に流されて通常より軽い判決を望んでし
 まいそうです。ただ、事情を良く知らない上で敢えて
 言うならば、「そういう長男に育てた最大の責任者は
 あなた方両親なのではないですか?」という気持ちも
 あるからです。                 
                         
 良く判決についての報道で、「遺族の強い処罰感情も
 あり」といった表現が使われますし、他の裁判で遺族
 が「(被告を)厳罰にして欲しい」とか証言している
 ケースもあります。その場合は、素人が判決に関わる
 裁判員裁判の方が刑罰は重くなるのではないかと思わ
 れます。それが正しい姿のような気もするし、一方で
 は「身寄りのない人を殺した場合と遺族が居てその感
 情に差がある場合とで判決に差が出て良いものか?」
 という気もします。なかなか難しい問題だとは思いま
 すが、他の方はどうお考えか聞いてみたいです。  


2009年12月14日(Mon)▲ページの先頭へ
タイガー・ウッズ選手
 自宅前での自損事故をきっかけに、不倫報道が噴出
 している米・プロゴルファーのタイガー・ウッズ選
 手が、自分のホームページで「不貞」という言葉を
 使って不倫を事実上認めて謝罪し、ツアー大会を無
 期限欠場する事を発表しました。        
                        
 ウッズ選手は声明で「私の不貞で多くの人々、とり
 わけ私の妻と子供たちが失望し、傷ついた事を深く
 自覚している」とし、「私が心から反省し、許しを
 求めている事を皆さんに改めて言いたい」と謝罪し
 ました。不倫騒動で受けた自信のダメージについて
 は、「修復は出来ないかもしれないが、ベストを尽
 くしたい」としました。その上で「プロゴルフ大会
 を無期限に中断することを決断した。良き夫、父、
 人物になることに集中しなければならないと述べま
 した。欠場期間については触れていません。   
                        
 確かにウッズ選手が不貞をしたことは悪いでしょう
 し、これまで応援していたファンが離れてしまうと
 言うことは十分に考えられます。イメージが落ちれ
 ばスポンサーも離れてしまうでしょうし、メンタル
 スポーツといわれるゴルフで、このような問題が起
 こったら普通にプレーするのは難しいのかもしれま
 せん。                    
                        
 ただ、なんとなく違和感を感じるのは、「それって
 ウッズ選手の家庭の問題なんじゃないの」と思うか
 らです。ゴルフは個人競技なので家庭の問題で出場
 するもしないも勝手なのかもしれませんが、「家庭
 で問題を起こしたから仕事も休みます」なんて少し
 変な感じです。                
                        
 それともそう感じるのは私が男性で、しかも全体的
 に男性側の不貞には寛容な日本の常識にどっぷり浸
 かっているからでしょうか。女性からしたら、「ツ
 アーなんてとんでもない。自粛どころか出場停止ま
 たは追放にすべきだ」と感じるのでしょうか。人に
 よって感じ方は様々でしょうが、ちょっとだけ興味
 がわきました。                


2009年12月11日(Fri)▲ページの先頭へ
暴走署長
 53キロ超過のスピード違反をして、道交法違反
 容疑で摘発された静岡県警菊川署の佐々木国宏所
 長(57)について、静岡県警は外事国際テロリ
 ズム対策室長に異動させると発表しました。県警
 幹部によると、菊川所長と対策室長はほぼ同格と
 のことです。                
                       
 県警によると、佐々木所長は休日だった11月 
 21日に同県島田市にある制限速度40キロの市
 道で、時速93キロでそう越して鉄揮発されまし
 た。11月26日付で戒告処分を受けましたが、
 県警は公表していませんでした。署長の摘発が報
 道されて以降、菊川署には60件以上の苦情が寄
 せられたそうです。             
                       
 こんな事をしているから警察は信用を無くすので
 はないでしょうか。他人を取り締まる方は、取り
 締まられる方より何倍も自らを律する必要がある
 というのに、署員を指導する側の署長自らが速度
 違反を犯し、しかも大した処分を受けないという
 のはどういうことなのでしょうか。      
                       
 しかも5キロ10キロならまだしも、40キロ制
 限の道路で53キロもオーバーするというのは殆
 ど暴走行為ではないですか。こんな署長はクビに
 しろとまでは言いませんが、謹慎や降格は当然だ
 し、批判を避けるためのように急に横滑り人事を
 行うのは、隠蔽以外の何ものでもないでしょう。                         
                       
 こんな事をしていると、もっと重要な事件に対し
 て一般市民の協力が得られなくなり、検挙率は落
 ちるし治安も悪くなっていくでしょう。まじめに
 頑張っているであろう多くの一般警察官の方々に
 とっても、とても迷惑なことだと思います。  


2009年12月10日(Thu)▲ページの先頭へ
みっともない院長
 兵庫県宝塚市の医療機関の院長が、今年10月と11
 月に医療従事者に限られていた新型インフルエンザの
 ワクチンを、就学前の孫に接種していたと発表しまし
 た。厚生労働省によると、院長は「不正は認識してい
 た。孫が喘息で、小学校の受験を控えて心配だった」
 と説明しているそうです。厚生労働省は、ワクチン接
 種の受託の取りやめなどの処分を検討しています。 
                         
 ワクチン接種は医療従事者が最も早く、兵庫県で持病
 のある人や妊婦に接種が始まったのは11月16日か
 らでした。不正使用の情報提供を受けて、厚生労働省
 が調査したことによって発覚しました。      
                         
 心情的には分からなくもありませんが、自分の立場を
 利用して身内に便宜を図るというのは余り美しくない
 と感じてしまいました。喘息のお孫さんは気の毒なの
 ですが、「小学校の受験を控えて」というあたりがな
 んとなく引っかかってしまいました。受験の時にイン
 フルエンザになったって、別に公立の学校に行けば良
 いだけではないでしょうか。そんなに公立の小学校と
 いうのは駄目なところなのでしょうか。      
                         
 それは兎も角、厚生労働省の調査が「不正使用の情報
 提供を受けて」行われていたという部分からすると、
 おそらく情報は病院内部からもれたものでしょう。今
 回の事に限らず、この院長は普段から人望がないので
 はないだろうか、なんて余計な心配までしてしまいま
 した。                     


2009年12月08日(Tue)▲ページの先頭へ
赤ちゃんの名前ランキング
 ある教育関連会社が、今年の「赤ちゃん名付けランキン
 グ」を発表しました。男の子は「大翔(ひろと)」、女
 の子は「凛(りん)」がそれぞれトップになりました。
 調査した会社は、「男女とも、昨今の厳しい社会状況の
 中を乗り越えていく『強さ』を持って欲しいという親の
 願いが込められているのではないか」としています。 
                          
 調査対象は今年1月から11月に生まれた赤ちゃん約4
 万人です。男の子では4年連続トップとなった「大翔」
 のほか「翔太(しょうた)」「翔(しょう)」と翔の字
 を使った名前3つがトップテン入りし、根強い人気を見
 せました。女の子では「さくら」「陽菜(ひな)」「美
 咲(みさき)」など花を連想させる名前が多数ランクイ
 ンしました。                   
                          
 時代とともに人気のある名前は変わっていくものではあ
 りますが、個人的には見た瞬間すぐに読みが分からない
 名前が上位に入るというのは、少し違和感を覚えます。
 男の子の1位「大翔」からしても、これを「ひろと」と
 はすぐに読めない人の方が多いのではないでしょうか。
 他にも5位の「蒼空(そら)」なんて、受け取った名刺
 に書いてあったら「えっと、そうくう様ですか?」と聞
 いてしまいそうです。               
                          
 「余り派手な名前を付けると名前負けしそう」、なんて
 思っている時点ですでに私の感覚は古いのでしょうね。
 知り合いの子供に翔とか空とかの漢字が入った名前がつ
 いていたら、「なんだか地に足がついてない名前だな」
 なんて言って嫌がられてしまいそうです。      


2009年12月07日(Mon)▲ページの先頭へ
今日は大雪
 今日は二十四節気の「大雪」です。暦便覧によると
 「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と言うこ
 とです。「朝夕には池や川に氷を見るようになる。
 大地の霜柱を踏むのもこの頃から。山々は雪の衣を
 まとって冬の姿となる頃。」とあります。    
                        
 ただ、東京は今日の予想最高気温は13℃と高く、
 とてもとても雪が降るという感じではありません。
 昨日実家(富山)に電話をしましたが、そちらもと
 ても雪が降るという感じではないそうです。東京は
 兎も角、富山はかつては12月になるとそろそろ冬
 用のタイヤに交換しなければならないのではないか
 という感じでしたが、最近ではそういう感じは余り
 ないようです。                
                        
 二十四節気はもともと太陽の動きを基本にしている
 こともあって、実際の感覚とは結構ずれるものなの
 ですが、昨今の温暖化の影響でますますずれている
 ように感じてしまいます。冬については特に違和感
 が大きいように思えてしまいます。       
                        
 普段は、地球温暖化を余り意識することがありませ
 んが、こういう季節の区切りなどになると「そうい
 えば」という感じで思い出します。温暖化は確実に
 進んでいるので、出来るだけ温暖化対策をとってい
 きたいと思います。もちろん個人で出来ることはた
 かがしれていますし、それがどこまで全体に貢献で
 きるかは疑問ではありますが、何もしないままでは
 何も変わらないと思いますので。        


2009年12月04日(Fri)▲ページの先頭へ
ナンバープレートのカバー
 車のナンバープレートに付ける樹脂製カバーの使用
 が全面的に禁止されることになりました。汚れ防止
 やファッション感覚で使用する人も居ますが、ナン
 バーが読み取りづらくなり「犯罪を助長する」とい
 う批判が出ていました。            
                        
 ナンバープレートは道路運送車両法で、見やすいよ
 うに表示するよう決められていますが、もともとカ
 バーの装着は想定していませんでした。スピード違
 反の取り締まり装置から逃れるように加工されたタ
 イプは一部の自治体が規制してきましたが、カバー
 の装着自体を禁じる規制はありませんでした。  
                        
 今回の規制では、汚れ防止やナンバーを折り曲げら
 れるいたずら防止のために装着する透明のカバーも
 禁止になります。これは濃さが違う新品のカバー5
 種類を使ってテストをしたところ、「無色透明でも
 光に反射したリカバーの縁が陰を作ったりして、他
 の色と同様に格段に読み取りにくくなる」(自動車
 交通局)という判断が下されたためです。    
                        
 私も以前車を所有していましたが、ナンバープレー
 トの汚れはさほど気にした事がありません。汚れに
 対する感覚は人それぞれかもしれませんが、カバー
 禁止は妥当な措置のように思います。ただカバーを
 禁止にするなら、ナンバーの取り付け角度を曲げて
 読み取りにくくしたり、取り外してダッシュボード
 に置いたりするのも禁止にして、併せて厳しく取り
 締まって欲しいです。そこまですれば、汚れ防止の
 カバーを禁止された人も、納得できるのではないで
 しょうか。                  


2009年12月03日(Thu)▲ページの先頭へ
陸自広報センター
 陸上自衛隊の朝霞駐屯地内にある、広報センター
 「りっくんランド」の人気が急上昇しています。
 行政刷新会議の事業仕分けの対象として、仕分け
 人の蓮舫参議院議員が繰り返しテレビに登場して
 認知度がアップしたほか、有料化を懸念して駆け
 込み需要が出ているためです。        
                       
 センターの来場者は、これまで休日平均400〜
 500人、平日は200人程度でした。しかし、
 24日の事業仕分け後に急増し、28日の土曜日
 は1380人、29日の日曜日は2049人とな
 り、今月の2日は平日にもかかわらず323人を
 記録したそうです。             
                       
 私も何度か行ったことがありますが、館内には戦
 車や戦闘ヘリが展示してあるだけでなく、迷彩服
 や壮美が試着できるほか、ヘリコプターのフライ
 トシュミレーターなどもあって、そこそこ楽しめ
 ます。ただ、蓮舫議員が言っていたように有料化
 したとしたら、何度も訪れる気にはならなかった
 かもしれません。              
                       
 どうしても有料化して、国庫に還元させたいとい
 うのであれば、私に一つアイディアがあります。
 法律を変えて、そこでなら素人もピストルや自動
 小銃などを撃てるようにするのです。単に射撃を
 楽しめるだけでなく、希望者には有料でプロの射
 撃指導も受けられるようにすれば、連日希望者殺
 到で休日は予約で一杯になることでしょう。  
                       
 そういう施設が国内にあれば、わざわざ外国まで
 銃を撃ちに出かけていく必要性も無くなるわけで
 す。もちろん、いい加減な設備のところに出かけ
 て行って火事に遭う心配もなくなるので、とても
 良い案だと思うのですが、いかがでしょうか。 


2009年12月02日(Wed)▲ページの先頭へ
新語・流行語大賞
 今年の世相を反映した、話題の言葉におくられる
 「2009ユーキャン新語・流行語大賞」が発表
 されました。年間大賞は、「政権交代」に決まり
 ました。その他にも「事業仕分け」「脱官僚」な
 どの政治的な言葉がランクインするなど、今年が
 政治の都市だったことを印象づけました。   
                       
 例年選ばれた言葉の中に、「そんな言葉聞いたこ
 と無いぞ」というのが2〜3入っていましたが、
 今年は候補の段階で「子供店長」を調べておいた
 ので、発表の時点で違和感を感じることはありま
 せんでした。特に政権交代が大賞というのは、こ
 こ数年の大賞の中でも最も妥当というか当然の結
 果ではないかと思いました。         
                       
 そう言えば例年お笑いの人の言葉が入っていたと
 思いますが、今年は入らなかったようです。最近
 はお笑いがブームで、テレビ番組のかなりの割合
 をお笑い番組が占めているよう感じられるので、
 ある意味意外な結果だと思います。個人的には、
 ちょっと前からお笑い番組は全く観なくなってし
 まったので、選ばれても「そんな言葉が流行って
 いたんだ」と思うだけだったでしょうが。   
                       
 お笑い芸人の方にしたら、これに自分の言葉が選
 ばれると、その時だけ人気が出るいわゆる「一発
 屋」で終わるという話もあるので、選ばれなくて
 残念なような、ほっとするような、複雑な気持ち
 かも知れません。鳩山首相もお金の問題で連日疑
 惑が報道されていますが、「流行語大賞に選ばれ
 ただけに、政権交代も一発屋だった」というオチ
 にならないように頑張ってもらいたいですね。 


2009年12月01日(Tue)▲ページの先頭へ
妻からDV
 離婚のカウンセリングやコンサルティングを行う
 「離婚110番」の調べで、配偶者に内緒で着々
 と離婚に向けて準備を進める、いわゆる「離活」
 に取り組む男性が急増していることが分かりまし
 た。離婚110番には今年8月以降、男性からの
 離婚相談が急増していて、11月は相談総数の3
 〜4割程度が男性の離活に関する相談だったそう
 です。中には「突然、子供を連れて夫が家出をし
 た」という妻からの相談も目立っているとか。 
                       
 相談に来る男性で目立つのは30代前半から40
 代の男性で、相談理由については「1.自分自身
 が浮気をしてしまった」「2.親権をとりたいな
 ど子供がらみの相談がしたい」「3.妻ららのD
 Vを受けた」の順だそうです。離婚110番の代
 表は、「離活という言葉が一般的になった事と、
 不況で離婚をするなら損をしないように準備しな
 ければと、男性も思うようになったからではない
 か」としています。             
                       
 そう言えば、私の少ない知り合いの中にも離婚を
 している人は何人も居ます。これまで出来るだけ
 他人の結婚式には出席しないようにしてきました
 が、それでも出席した6組のうち2組は離婚して
 います。それぞれ離婚の理由については良く知り
 ませんが、少なくとも女性側の暴力が原因という
 ことは無かったと思います。         
                       
 これまで夫婦間の家庭内暴力といえば大体夫が妻
 に対して暴力をふるうのが定番で、逆のパターン
 は殆ど無いと思っていました。例外はあるにせよ
 普通に考えたら男性の方が女性より力は強い筈な
 ので、俄然有利(?)だと思うのですが。離婚ど
 ころか結婚もしていない私には知るよしもありま
 せんが、こんな話を聞くとますます結婚に対して
 魅力を感じなくなります。          


2009年11月30日(Mon)▲ページの先頭へ
成田空港検問廃止
 成田国際空港株式会社が、空港反対闘争やテロなど
 に備えて液改札で実施している入場者の検問を廃止
 する方向で検討しています。通行車両向けの検問も
 順次縮小したい考えだとのこと。成田空港は厳重な
 警備体制で世界的にも知られており、利用者から緩
 和を求める声が出ていたそうです。       
                        
 空港会社は今後、警備当局棟協議を進める方針で、
 関係者は「来年の発着枠拡大や新高速鉄道の乗り入
 れを見据え、開かれた空港を目指す」と話していま
 す。今後は検問を廃止し、利用者に圧迫感のない監
 視カメラ等の機器を活用する警備を目指すことにな
 りました。                  
                        
 これまで利用者からは「車両検問は渋滞の原因」、
 「身分確認はプライバシー侵害」、と不満の声があ
 る上に、反対闘争が当初のような広がりを持たなく
 なり、見直しの気運が高まったとのことです。  
                        
 個人的には、これまでの成田空港の検問には好感を
 持っていたのでちょっと残念です。私にとって警察
 官の姿が見えると言うことは、少なくともその周囲
 では治安が保たれているという事を意味するので、
 安心感を得られる存在でした。検問が治安維持にど
 れだけ効果があるかは兎も角として、検問をプライ
 バシーの侵害と捉える発想はありませんでした。 
                        
 もっとも、街中で警察官の方にお世話になったこと
 は、道を聞くぐらいしかないのですが。ただ、道を
 聞くと警察官の方は皆さんとても親切に(当たり前
 ですが)嫌な顔一つせずに教えてくれるので、方向
 音痴の私としてはいつもとても助かっています。交
 通取り締まりの方にも聞いているので、もしかした
 ら私のお陰で助かっているドライバーさんも何人か
 いるかもしれません(笑)。          


2009年11月26日(Thu)▲ページの先頭へ
代理母出産と法整備
 病気で子宮を失った娘(27)に代わり、今年5月
 に代理出産で男児を出産した母親(53)が、娘と
 ともに記者会見をしました。娘は「代理出産に挑戦
 して同じような境遇にある人が沢山居ることを知っ
 た。顔を公表することで、後に続く人の励みになれ
 ば」と心境を語りました。           
                        
 日本では、代理出産を含む生殖補助医療については
 クローン人間ができる可能性のあるクローン胚の子
 宮への移植以外、規制する法律がありません。  
                        
 日本科学技術学会は、代理出産の法整備に向けた検
 討をし、昨年4月に原則禁止とする報告書をまとめ
 ましたが、以降の議論は止まったままになっていま
 す。日本産科婦人科学会も指針で実施を禁止してい
 るものの法的拘束力はなく、「既成事実」を繰り返
 すことで必要性を訴える医師もいます。     
                        
 個人的には結婚もしていないし子供もいない、少子
 化を加速させている身としてはこのような話題は余
 り得意でないのですが、安全性などの問題をクリア
 すれば、禁止する理由は余りないのではないかと思
 うのですが、好ましくないと考える人も多いと言う
 ことなのでしょうか。別に倫理的にどうしても駄目
 という気にはなれません。もっとも、どうしても子
 供が欲しいなら、用紙という手もあるのではないか
 という気持ちもありますが。          
                        
 禁止するにしても容認するにしても、はっきり法律
 で決めなければならない事だと言うことは分かりま
 す。少なくとも、既成事実が積み上げられて、法的
 に中途半端な立場の子供が増えることはおかしいの
 ではないでしょうか。             


2009年11月25日(Wed)▲ページの先頭へ
テレビCMのゆくえ
 年末恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補
 60語が発表されました。概ね意味がわかるものば
 かりでしたが、中にはさっぱりわからないものもあ
 り、我ながら情報アンテナ感度の低さに呆れてしま
 います。                   
                        
 新聞記者が「個人的に」と断って選んだベスト10
 はさすがに殆ど分かったのですが、その中で一つだ
 け「こども店長」という言葉の意味が全くわかりま
 せんでした。ネットで調べてみると、どうやらトヨ
 タ自動車のCMキャラクターの事で、4月頃からシ
 リーズ的に放送されていたようです。      
                        
 私はテレビは割と良く見るのですが、最近では殆ど
 一旦録画してからCMを飛ばしながら見ています。
 見たい番組が放映されている時間帯にテレビの前に
 いても、CMを飛ばすためにわざわざ時間をずらし
 て見る事もあります。それでも興味がある品物のC
 Mなら見ない事もないのですが、最近は車を運転す
 る機会が殆ど無いため、自動車のCMは目に入らな
 くなっていたようです。            
                        
 民放はCM収入で成り立っているので、私のような
 見方をする人が増えたら大きな打撃なのだろうとは
 思います。もっとも、以前知人に「お前のような事
 を皆がし始めたらどうするのだ」と言われた時は、
 「そしたら俺もそうしなければとんでもないアホウ
 と言われるだろう」と答えたのですが。それでも、
 これからはちょっとだけ反省して、少しはCMにも
 注目しようと思います。            


2009年11月24日(Tue)▲ページの先頭へ
愛社精神と言われても
 ある情報サービス会社の調査によると、入社時に
 愛社精神を持っている人は、来年春に就職予定の
 学生では8割以上に達するのに対して、入社2〜
 5年目の若手社員では約5割にとどまっている事
 が分かりました。調査は今年の10月にインター
 ネットで実施されたもので、入社2〜5年目の若
 手社員272人と、平成22年4月入社予定の学
 生300人に対して行われました。      
                       
 記事では「入社前の理想と現実のギャップが浮き
 彫りになった」としており、調査会社の人も「内
 定学生と若手社員の意識の差は以前から指摘され
 ている。入社後も愛社精神を保ち続けるには、部
 下のやる気を引き出す上司のサポートが欠かせな
 い」としています。             
                       
 ただ、私はこのアンケートの場合は聞き方に問題
 があるのではないかという風に感じました。「愛
 社精神があるか?」とか、「会社に愛着を感じる
 か?」などと聞かれれば、多くの人が「別に」と
 思うのではないでしょうか。しかし、多くの人が
 自分の会社以外の人に、自分の勤めている会社の
 悪口を言われるのは気分が悪いでしょうし、自分
 の会社に対して何らかの攻撃を加えられたら、守
 ろうとするのではないでしょうか。      
                       
 会社で仕事をしているわけですから、思い通りに
 行かない事や嫌な目にあう事も多いでしょうし、
 多くの人間と関わりを持つ際には全ての人と気が
 合うなどと言うことは有り得ないでしょう。それ
 でも、いざとなると自分の所属している組織を大
 切に思う気持ちが多少なりとも無ければ、そのま
 ま所属し続けることは出来ないのではないでしょ
 うか。                   


2009年11月20日(Fri)▲ページの先頭へ
もみじマークは廃止したら?
 警察庁は、「もみじではなく枯れ葉のようだ」と評判
 の悪かった高齢ドライバー標識「もみじマーク」の見
 直しのため、新たなデザインを20日から来年1月8
 日まで募集すると発表しました。有識者の検討委員会
 が優れた図案を選んだ上で、現在のもみじとの優劣に
 ついて一般から意見を募るとのこと。       
                         
 応募作が新マークに決まれば、30万円以内の制作費
 を支払うとしています。選考基準は、検討委員かがま
 とめた、「1.ベテラン運転者を象徴し、高齢者が誇
 りを持って自ら表示したくなる」「2.全ての運転者
 が親しみを感じる」「3.夜間や離れた場所からも見
 やすい」「4.他のマークと混同しない」の4項目と
 のことです。                  
                         
 私の父親は後期高齢者なのですが、確かマークはつけ
 ていなかったような気がします。だいたいマークが出
 来た時点で、「年齢で差別するのはおかしい」と、と
 ても憤慨していました。確かにマークの見栄えが悪い
 ことも問題かもしれませんが、そもそも運転の技量や
 身体能力などに関係なく、年齢で区切って一律に表示
 させられることに問題があるのではないでしょうか。
                         
 マークの表示義務かと言われると、またマークを作る
 会社と利害関係があるのではないかとか、そこへ天下
 りするんじゃないかとか、余計な心配をしてしまいま
 す。折角政権交代したことですし、この際いっそのこ
 と完全廃止して貰えないものでしょうか。なんて、こ
 の事を誰にお願いしたら廃止の可能性が出てくるのか
 も見当がつきませんが。             


2009年11月18日(Wed)▲ページの先頭へ
裁判員制度、順調
 最高裁判所が公表したアンケート結果によると、
 裁判員となった人のうちの98%が「良い経験」
 と答えるなど、肯定的に捉えていることが分かり
 ました。ただ、検察側の立証手法を評価する声が
 多いのに対して、弁護側には「回りくどい」など
 の注文をつける例も多く見られました。    
                       
 また、「法廷で話す内容がわかりにくい」と答え
 たのは約13%、「事件の内容が複雑」とした人
 は約11%でした。「登場人物が多く理解しにく
 い」「いろいろな証人の話を通じて(事件を)組
 み立てるのが難しい」などの声もあがりました。
                       
 制度が始まる前は一体どうなることかと思いまし
 たが、今回のアンケート結果とテレビや新聞など
 の報道を総合して考えると、今のところ裁判員制
 度はわりとうまくいっているように思えます。裁
 判所と検察側は、うまく対応しているけれど、弁
 護側の対応は多少遅れているのかもしれません。
                       
 これまでの裁判員制度のもとで行われた裁判では
 14人の被告全員が有罪判決となっており、無期
 懲役が1人、15年以下の有期懲役が10人、3
 人には執行猶予がついています。今後は、死刑判
 決や容疑者が完全否認している裁判など、色々と
 問題も出てくるでしょうが、継続して注目してい
 きたいと思います。             


2009年11月16日(Mon)▲ページの先頭へ
パジャマでの外出禁止
 上海市が「パジャマ姿での外出禁止」の通達を市民に
 出しました。一部市民の間で定着しているパジャマ姿
 で外出する長年の習慣を止めさせ、市のイメージアッ
 プをはかることが狙いです。しかし、服装の選択は基
 本的人権であり、尊重されるべきだという意見も根強
 いとのこと。                  
                         
 上海市社会科学院が2006年に行った調査では、4
 割を超える市民がパジャマ姿で公共の場に出たことが
 あるという結果が出ています。上海では1970年代
 の末頃から始まったものです。それまで上海市民の殆
 どが着古した服などで寝ていたのですが、改革開放の
 影響で裕福になった一部の人達がパジャマを購入する
 ゆとりを得たため、当初はパジャマが裕福さの印と見
 られていたことも影響しているそうです。     
                                 
 しかし90年代以降、観光客などから「行儀が悪い」
 「みっともない」等と苦情が寄せられるようになり、
 来年5月の万国博開催を機に禁止措置に出ました。こ
 れまでも啓発活動などを何度も行ってきましたが、効
 果は余りなかったそうです。           
                         
 私は大分前に一度だけ上海に行った事がありますが、
 特にパジャマ姿で歩き回っている人は見かけませんで
 した。日本でもかなり奇抜な衣装で出歩く人は沢山居
 るので、特に禁止する必要はないのではないかと思い
 ました。「変な格好で出歩くのは恥ずかしいことだ」
 という意識が浸透しなければ、幾ら禁止しても効果は
 薄いでしょう。それにしても、一体だれがパジャマか
 そうでないかの判定をするのでしょうか。「普通の服
 のようなパジャマ」と「パジャマのような服」との区
 別は結構微妙だと思うのですが。         


2009年11月11日(Wed)▲ページの先頭へ
卑弥呼の館、見つかる?
 邪馬台国の最有力候補地とされる奈良県櫻井市
 の纒向(まきむく)遺跡で、3世紀前半の国内
 最大規模の大型建築物跡など2棟が見つかりま
 した。倭国の女王、卑弥呼が活躍した時代(2
 世紀末から3世紀前半)と時代がほぼ一致しま
 す。中国の歴史書「魏志倭人伝」には、「卑弥
 呼の宮室(宮殿)は楼観や城柵を厳かに設け」
 と記されており、卑弥呼の居館の可能性が浮上
 しました。                
                      
 大型建築物跡を復原した黒田龍二・神戸大准教
 授によると、高床式の入り母屋造りで、高さ約
 10メートルと推定されるとのことです。大型
 建築物跡の西側には、棟持柱を持つ建物跡も確
 認されました。市教育委員の橋本輝彦主査は、
 「建物の中心をそろえた極めて計画的な構造。
 方形で区画した飛鳥時代以降の宮殿構造に繋が
 る可能性もあり、国内最古の都市の中枢部が分
 かる重要な成果だ」と話しています。    
                      
 日本でもそんなに古い時代に立派な建物があっ
 たというのは驚きです。小学校や中学校の教科
 書には、(この遺跡が発掘されていないので当
 然ですが、その時代は竪穴式住居が一般的だと
 されていました。子供心に中国の兵馬俑などと
 比較して、余りにもみすぼらしく、未開の文明
 だったのだと思って、とても残念に思っていま
 した。ですから今回の発見は、とても嬉しく感
 じます。それでも兵馬俑にくらべれば、やはり
 大分見劣りする感じは否めませんが。    
                      
 この遺跡の発掘と研究が進めば、邪馬台国の所
 在地をはじめとして、歴史の教科書の重要な部
 分が大きく書き換えられる必要が出てくるかと
 思うと、それだけでなんとなくワクワクしてし
 まいます。                


2009年11月10日(Tue)▲ページの先頭へ
インフルエンザワクチンが足りない
 新型インフルエンザのワクチンが不足していて、
 医療機関従事者や妊婦らへの優先接種が行われて
 いる中、季節性インフルエンザのワクチンも不足
 しており、医療現場が混乱しています。新型用の
 ワクチンを製造した影響で、季節性用の製造量が
 昨年の8割程度に抑えられている上に、新型の流
 行で季節性への関心も高まっており、希望者が増
 えているためです。             
                       
 私は一昨年まで二十年以上にわたってインフルエ
 ンザワクチンは打った事がなく、その間インフル
 エンザに一度もかかった事がなかったので、ワク
 チンを打つという意識は全くありませんでした。
 ただ、去年急に周囲から言われてワクチンを打ち
 ました。                  
                       
 小学生や中学生の頃は、学校で集団接種をしてい
 たと記憶しています。最近では効果の程や副作用
 に対する懸念などから、集団接種は行われていな
 いようですが、打てばかかりにくくなる上かかっ
 ても重症化しにくいという事なので、今年も時期
 が来る前に接種した方が良いのではないかと考え
 ていました。                
                       
 ただ、世の中にワクチン自体が不足しているので
 あれば、これまでもほとんどインフルエンザにか
 かったことがなく、万一かかっても重症化するお
 それの殆ど無い自分の場合は、逆に接種は自粛し
 た方が良いのではないかと思えてきました。今年
 はうがい・手洗いなどだけでインフルエンザ対策
 をすることにしようと思います。       


2009年11月09日(Mon)▲ページの先頭へ
肥満で遺伝子の働きにも異常
 日本大学医学部などのグループによる研究で、肥満の人
 は体内時計を制御している時計遺伝子の働きに異常があ
 ることが分かりました。研究では、体重を身長の2乗で
 割ったBMIが25以上の肥満男性12人と、25未満
 の肥満でない男性15人とを比較して行われました。 
                          
 午前9時から午後9時までの遺伝子の働きを調べると、
 肥満でない男性は朝が活発でしたが、肥満の人は余り変
 動がありませんでした。BMI30から 24に減量し
 た30代の男性は、遺伝子の働きが肥満パターンから肥
 満ではないパターンに変わりました。        
                          
 グループでは、「肥満が原因で遺伝子の働き方がおかし
 くなった」と判断しました。「この遺伝子異常によって
 内臓脂肪の蓄積が促進され、脂質や糖質の調節もうまく
 できなくなるのではないか」としみて、遺伝子の働きを
 正常にする物質を研究しています。         
                          
 肥満が遺伝子の働きにまで影響を与えるとは、とても意
 外でした。私は最近朝早起きをして少し散歩をするよう
 にしていますが、食欲の方はなかなか減ってくれないの
 で、残念ながら減量効果は余り出ていません。今まで、
 色々と「これを飲んだら痩せる」というのを試してみま
 したが、結局運動量を上げるか食べる量を減らすしか健
 康的に体重を落とす方法は無いと思っていました。  
                          
 この研究が進んで、「遺伝子レベルに働きかけて、効果
 的に減量できる安全な薬」というのが出来るととても嬉
 しいです。そういうのが出来たら真っ先にテストを受け
 たいぐらいなのですが、まだまだ研究は始まったばかり
 のようなので、先は長そうですね。         


2009年11月06日(Fri)▲ページの先頭へ
整形にも本人確認を
 千葉県市川市内のマンションで平成19年3月
 に英国人女性を殺害した容疑で全国に指名手配
 されている市橋達也容疑者(30)が、先月下
 旬に名古屋市内で整形手術を受けていたことが
 分かりました。市橋容疑者は既に複数回の整形
 手術をしていたと見られており、目が二重にな
 り、鼻が高く、鼻翼も小さくなっていた他に、
 左王のほくろ二つも除去、下唇も薄くなってい
 ました。                 
                      
 医療機関の関係者は、手術時には気付かなかっ
 たものの、後日市橋容疑者のカルテを整理して
 いる際に、男性には珍しいほくろの除去の後に
 気付き、県警に連絡したことから分かったそう
 です。                  
                      
 この容疑者が顔を変えながら2年半以上も逃げ
 回っているというのは、なんとも驚きです。な
 んだか陳腐な刑事ドラマのような事が、現実に
 もあり得るのだと思ってしまいました。一日も
 早く逮捕されることを願います。      
                      
 それと、このニュースを観る限りでは、美容整
 形手術を受けるのに本人確認は全く行われてい
 ないと言うことですね。もともと美容整形は健
 康保険が使えないので、受付で適当な名前と住
 所を書いても特に不審には思われないという事
 なのでしょうか。顔を変える前には、せめて本
 人確認と犯罪に無関係かどうかを検証すること
 を義務づけた方が良いのではないかと思いまし
 た。                   


2009年11月05日(Thu)▲ページの先頭へ
韓国と美容整形
 20、30代の韓国女性を対象にした調査によると、
 98%が美容整形手術はコンプレックスを解消でき、
 お金があれば手術を受けると答えたそうです。逆に美
 容整形をしたくないと答えた人は2%以下で「容貌よ
 り心が重要」と答えた人は殆どゼロでした。2003
 年の同じ調査では、美容整形を「受ける」は66%、
 「嫌だ」は21%、「容貌より心が重要」は13% 
 だったということです。             
                         
 韓国では美容整形が盛んだという話は聞いたことがあ
 りましたが、ここまで意識が進んでいるというのは初
 めて知りました。韓国には一度も行ったことはありま
 せんが、知り合いで韓国に行った事のある人は「韓国
 には美人が多い」と言っていたのはこういうことかと
 思いました。                  
                         
 日本では美容整形に否定的な意見を持つ人が多く、新
 聞でこの話題を取り上げた記者の人も、「ニセブラン
 ドが横行している韓国だから、美人が本物でなくても
 余り気にならないのかも」としていますが、私は別に
 美容整形することで前向きになったり、積極的な性格
 に慣れたりするのであれば、また自分の稼いだお金で
 やる分には特に構わないのではないかと思います。 
                         
 ただ、「容貌より心が重要」と思っている人が殆ど居
 ないというのは、さすがに違和感を感じます。少なく
 とも私はこのようなことを公言するような人とは知り
 合いになりたいとは思いません。いくら美容整形した
 ところで、心の有り様はおのずと表面に出てくると思
 うのですが、それは幻想なのでしょうか。     


1 2 3 4 5 6 7    全202件




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年12月
   
   

アーカイブ
2006年 (169)
5月 (11)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (21)
9月 (24)
10月 (23)
11月 (19)
12月 (20)
2007年 (198)
1月 (17)
2月 (21)
3月 (15)
4月 (18)
5月 (10)
6月 (21)
7月 (19)
8月 (18)
9月 (13)
10月 (22)
11月 (11)
12月 (13)
2008年 (198)
1月 (15)
2月 (18)
3月 (16)
4月 (24)
5月 (18)
6月 (17)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (17)
10月 (15)
11月 (10)
12月 (13)
2009年 (202)
1月 (17)
2月 (17)
3月 (18)
4月 (18)
5月 (13)
6月 (20)
7月 (19)
8月 (12)
9月 (19)
10月 (17)
11月 (14)
12月 (18)
2010年 (48)
1月 (16)
2月 (18)
3月 (14)

アクセスカウンタ
今日:58
昨日:989
累計:1,143,412