癒香楽園 店長日記 - 2010/02

店長




[PR]



2010年02月26日(Fri)▲ページの先頭へ
公共の場全面禁煙
 厚生労働省は25日、飲食店やホテル、百貨店など多くの人が利用する
 公共的な施設を全面禁煙とする事を求める通知を都道府県など自治体に
 出しました。喫煙可能な場所を限定する「分煙」では、指定場所以外に
 も煙が流れてしまうため、功労賞は不十分と判断しました。     
                                 
 ただ、罰則規定は無く、実施するかどうかは施設側の判断にゆだねられ
 ます。対象は学校、体育館、病院、百貨店や飲食店など人が多く集まる
 施設です。健康増進法は、こうした施設の管理者に対して、受動喫煙防
 止措置の努力義務を課していますが、具体的な施策は示していませんで
 した。                             
                                 
 居酒屋やパチンコ業界は、利用者に占める喫煙者の割合が高く、対応に
 苦慮しそうです。居酒屋チェーンのワタミは、17年7月から4店舗を
 全面禁煙で開店しましたが、約1年後に撤退しました。担当者によると
 全面禁煙にすると団体客の予約が入りにくくなるとのことです。   
                                 
 私はパチンコもしませんし、居酒屋にも殆ど行かないのですが、確かに
 その2業種は禁煙とは相性が悪い気がします。今の所罰則規定がないの
 で、その2業種は禁煙は進まないのでしょうね。個人的には居酒屋以外
 の飲食店の全面禁煙化が進んでくれれば、それだけでも大歓迎です。 
                                 
 このニュースを見たとき、非喫煙者でパチンコと麻雀好きの同級生が、
 「行くたびに服がタバコ臭くなる(パチンコ屋はもとより、当時の麻雀
 荘はだいたい喫煙者が多くて換気が悪かった)」と文句を言っていたの
 を思い出しました。「そんなに嫌なら行かなきゃ良いのに」と言ったら
 「それとこれとは話が別なんだ」と言われましたが(笑)。     


2010年02月25日(Thu)▲ページの先頭へ
アメリカで新種の恐竜化石発見
 アメリカ・ユタ州東部の約1億5百万年前(白亜紀中期)の地層から、
 首と尾が長い大型草食恐竜「竜脚類」の頭骨化石が見つかり、新族新種
 に分類したと、アメリカ・ブリガムヤング大学が発表しました。約1億
 5千万年前(ジュラ紀後期)に繁栄した同類の「ブラキオサウルス」に
 近い種ですが、はが小さくなり、より早く生え変わる傾向が伺えると言
 う事です。                           
                                 
 この種は「アビドサウルスマッキントシ」と名付けられ、4個の頭骨化
 石が発見されています。いずれも成体になる前の若い個体で、このうち
 2個がほぼ完全でした。頭の体積は、体全体の200分の1程度しか無
 かったと見られており、樹木の葉を食いちぎって、噛まずに飲み込んで
 いたと考えられています。                    
                                 
 北米では竜脚類はジュラ紀後期に一旦ほぼ絶滅したと考えられていたの
 で、この発見はとても貴重だと思います。これでまた色々と研究が進む
 と、竜脚類の進化過程などもわかって面白いのではないでしょうか。 
                                 
 ちなみにブラキオサウルスと言えば、映画「ジュラシックパーク」にも
 登場する人気恐竜ですが、映画の中で葉っぱをむしゃむしゃと咀嚼する
 シーンがあります。しかしながら、彼らの歯はこのアビドサウルス同様
 物を噛んですりつぶす事は形状的に不可能なので、その有名なシーンは
 実はあり得ない事なのでした。                  


2010年02月24日(Wed)▲ページの先頭へ
東京マラソン参加券でダフ屋行為
 東京マラソンの参加権利がインターネットのオークションにかけられ、
 実際の参加料の3倍を超える高値がついています。東京マラソンでは多
 数の応募者から抽選で参加者を決めていますが、昨年10月に当選者を
 発表して以来、インターネットのオークションサイトで権利譲渡を持ち
 かける出品を約10件確認したそうです。大会の募集要項には、代理出
 走や権利譲渡は認めないと明記されており、本人でないと判明すれば失
 格処分になります。                       
                                 
 大会のナンバーカードは身分証明書としての役割を併せ持つだけに、東
 京マラソン事務局は「マラソンは命に関わる事も考えられるスポーツ。
 万が一のとき、身元が分からないでは済まされない。出品は絶対に止め
 てほしい。」と呼びかけています。                
                                 
 ちなみに、先ほど調べたところ3点出品されていました。なかには開始
 金額を2万5千円に設定していて、「営利目的ではありません」と書い
 ている厚顔無恥な輩もいました。1万円のものを2万5千円以上で販売
 しようとしているのに、どうしたら営利目的ではないなどといえるので
 しょうか。恥を知れと言いたいですね。              
                                 
 なんだか、売る方も買う方も安易な気持ちでやっているなと感じます。
 東京マラソンは人気があるのはわかりますが、別にマラソン大会なんて
 他にいくらでもあるのだから、抽選で外れたら諦めて他のマラソン大会
 に出れば良いだけではないでしょうか。              
                                 
 東京都側も、どうせ人気があるのがわかっているのなら、一部だけでも
 オークション形式で販売したら良いのではないでしょうか。完全に抽選
 とするからダフ屋行為が蔓延するのでしょう。利益分はチャリティーと
 するなどすれば、特に批判もでないように思うのですが。      


2010年02月23日(Tue)▲ページの先頭へ
喫煙シーンで絵本販売中止
 小学校中学年向けの絵本で、発明家のおじいちゃんを訪ねた孫2人が、
 蓄音機のような機械の筒をのぞき、江戸の街を探検する物語の絵本が、
 発売中止、回収となる騒動になりました。問題となったのは喫煙シーン
 で、喫煙や受動喫煙への理解が不足していると言う事だそうです。おじ
 いちゃんは愛煙家と言う設定で、表紙の他に作品中に5回、パイプをく
 わえた姿で登場します。                     
                                 
 喫煙シーンの問題を指摘したのは、大阪市の特定非営利活動法人『「子
 供に無煙環境を」推進協議会』です。野上浩志事務局長は「子供が受動
 喫煙にさらされている。表現の自由は理解できるが、自由にも配慮が必
 要。子供をタバコの害から遠ざけるのは大人の責任。物語上、パイプは
 必要なく、販売中止は当然の判断」と語ります。          
                                 
 発行元の福音館書店では、「喫煙による健康被害と受動喫煙の害につい
 ての認識が足りず、配慮に欠けた」として販売中止を決め、書店や定期
 購読の読者などにも通知し、販売してしまった分についても回収してい
 ます。                             
                                 
 私は今はタバコは吸わないし、他人が吸ったタバコの煙を吸わされるの
 は不快ですが、これはちょっとやり過ぎではないでしょうか。絵本を読
 んだ子供が肺がんになる訳ではなく、またこれを読んで「おじいちゃん
 にタバコを吸いながら話をしてもらいたい」と思う筈もありません。 
                                 
 これが当たり前になると、古い作品もどんどん改変されていくのでしょ
 うか。私が小学生の頃に、子供向けの本で読んだシャーロックホームズ
 は、ヘビースモーカーであるだけでなくコカインやヘロインを使ってい
 たのですが、もしかするとそういう記述は今では削除されているのかも
 しれませんね。                         


2010年02月22日(Mon)▲ページの先頭へ
乳児の冷凍二遺体見つかる
 愛知県岡崎市のスーパーで、乳児2人のポリ袋に入った冷凍状態の遺体
 が発見されました。遺体は店の入り口付近にあったカート上の買い物か
 ごに、ポリ袋と紙袋に包まれた状態で見つかりました。店長によると、
 遺体は別々に数枚のポリ袋に包まれた上で紙袋に一緒に入れられ、うち
 1枚が愛知県内で数十店舗を展開するスーパーのレジ袋でした。「悪臭
 がひどく、袋を外す際に髪の毛が見えて遺体と気付いた」そうです。 
                                 
 愛知県警に寄ると、司法解剖の結果、遺体は生後間もなく死亡したもの
 で、死後2日以内に冷凍された可能性が高いそうです。遺体は男女で、
 県警は死体遺棄事件として捜査を進めるとの事です。        
                                 
 一体誰がどんな事情でやった事なのかはさっぱりわかりませんが、どう
 考えても人間のやる事ではないと思います。警察の方々には一刻も早く
 真相を究明して、犯人を捕まえてもらいたいところです。      
                                 
 しかし、このスーパーはとんだ災難ですね。もし私が近所に住んでいた
 としたら、気味が悪くてしばらくそこへは買い物に行かないのではない
 かと思います。一方で面白半分で野次馬に来る輩も沢山いて、気にせず
 買い物に来てくれたお客さんまで離れてしまうのではないでしょうか。
 特に食品を扱う業種だけに、打撃は計り知れないと思います。    


2010年02月19日(Fri)▲ページの先頭へ
サルの約半数が絶滅の恐れ
 国際自然保護連合(IUCN)や国際霊長類学会などのグループが、世
 界中に棲息する申のほぼ半分にあたる303の種や亜種に絶滅の恐れが
 あり、中には個体数が100前後しかいなくなった物もあると発表しま
 した。                             
                                 
 個体数減少の主な原因は、森林破壊や狩猟、ペットとしての違法取引な
 どです。特に絶滅の危険度が高いインドネシアのメガネザルなど25種
 をリストアップしましたが、そのうち11種がアジアのサルで、インド
 ネシアのスマトラオランウータンや、個体数が200以下に減ったベト
 ナムのトンキンシシバナザルなどがリストに入っています。ベトナムの
 ラングールというサルの1種は、現在は60〜70頭しかいなくなりま
 した。                             
                                 
 今後、発展途上国で開発が進んで、開墾が進むとますます絶滅する種は
 増えていくのでしょうね。法律などで規制しても、広いジャングルを全
 て監視し続けると言う事は難しいでしょう。色々な動物が絶滅していく
 というニュースを聞くと悲しくなりますが、大きな流れは止められない
 のではないかと言う気がします。                 


2010年02月18日(Thu)▲ページの先頭へ
図書館から机を盗んで...
 焼き鳥店の開店のために図書館からテーブルを盗んだとして、京都市内
 の41歳の男が逮捕されました。男は「開店費用を抑えたかった」と供
 述しているそうです。この男は1月23日午後1時頃、図書館の3階に
 あったテーブルをエレベーターで運び、軽ワゴンに乗せて運び出した疑
 いがもたれています。                      
                                 
 当日、図書館では子供向け読み聞かせイベントがあり、男はボランティ
 アを装って職員から机を借りました。返却されない事を不審に思った職
 員が警察に通報し、防犯カメラなどから男が割り出されました。   
                                 
 いくら費用を抑えようと思ったとしても、盗んだテーブルを使っていて
 はダメでしょう。せっかく開店したこの焼き鳥店も、店主が逮捕されて
 は長続きしそうにもありませんね。それにしてもテーブルが足りないか
 らといって図書館から盗んでこようと言うその発想が凄いですね。  
                                 
 図書館なら盗まれても警察には届けないと思ったのか、セキュリティが
 甘くて発覚しないと思ったのか、いずれにしても読みが甘すぎだと思い
 ます。窃盗は犯罪なのでダメなのは当然なのですが、そもそも自分の大
 切な店に盗品をおくなんて、験が悪いとは思わなかったのでしょうか。


2010年02月17日(Wed)▲ページの先頭へ
線路転落救助
 JR高円寺駅で線路に転落した女性を、ホームに居合わせてとっさに間
 一髪で助けた佐藤弘樹さん(24:児童福祉施設職員)に対して、JR
 東日本は感謝状を贈りました。                  
                                 
 佐藤さんは15日午後9時15分頃、女性の転落を目撃し、線路に飛び
 降りました。女性に意識は無く、電車が迫ってきており、レールとレー
 ルの間に仰向けに寝かせて、自分はホーム下の退避スペースに飛び込み
 ました。数秒後に電車が到着して女性の前上を通過しましたが、女性は
 軽症ですみました。佐藤さんは「とっさに体が動いただけ。無事だった
 ので『ヨッシャー』と思った」と笑顔で振り返りました。                             
                                 
 佐藤さんの勇気と機転、そして判断力はすばらしいの一言ですね。私は
 こういう活躍の記事を見ると嬉しくなると同時に、「もし自分がその場
 に居たら、どういう対応をしたか」と考えてしまいます。私なら後数秒
 で電車が来そうな状況で、下に飛び降りる事はできないでしょう。  
                                 
 良く「ホームから転落した人を見たら、緊急停車ボタンを押して駅員に
 連絡してほしい」というような表示を見ますが、普段ボタンの位置を意
 識しているわけでもないので、ボタンを探しているうちに電車が来てし
 まうのではないかと思います。もし電車がくる前にボタンを押せたとし
 ても、そこから電車が急ブレーキをかけて落ちた女性を轢く前に止まる
 かどうかはわかりません。                    
                                 
 こういう素晴らしい若者の話を聞くと、なんだか意味も無く「日本の将
 来はもしかしたら明るいかも」と思う反面、自分がずいぶん年寄り臭く
 なったように感じてしまいます。「若かったら飛び降りて、転落した人
 を助けられるのか?」と言われると、それはそれで疑問ですが。   


2010年02月16日(Tue)▲ページの先頭へ
水上バス粉飾
 東京都建設局と特命随意契約を結んで水上バス「東京水辺ライン」を運
 行している財団法人「都公園協会」が、平成20年度の水上バス運行事
 業で6091万円の赤字を出していたにもかかわらず、財務諸表上では
 他の事業の利益を組み込み全体として採算が取れているようにしていた
 事が明らかになりました。報告では「収支バランスを考慮しながら、局
 は改めて事業のあり方を検討すべきだ」と指摘しています。     
                                 
 水上バスは、私も以前2度程乗った事がありますが、同じような路線を
 鉄道などが走っており、しかもそちらの方が遥かに早く、値段も安いぐ
 らいなので、存在意義がわかりませんでした。川で船に乗る事自体が私
 にとって珍しい事だったので、友人に誘われた時に断らなかったという
 だけの理由で乗ったのですが。                  
                                 
 乗った最初は目に映る景色も多少珍しかったのですが、ほとんどが護岸
 と倉庫の連続なので、すぐに飽きてしまいました。おまけに川の水も、
 奇麗と言うにはほど遠い状態で、鼻が敏感な方にはちょっと厳しいかも
 しれないという状況でした。                   
                                 
 水上交通はやり方によっては黒字になる道もあるのかもしれませんが、
 赤字ならさっさと止めてしまった方が良いのではないでしょうか。田舎
 のバスみたいに他の交通手段が無い訳でもあるまいし、残すのは天下り
 先を確保する事以外に理由は無いように思います。完全に民間に任せれ
 ば、もしかしたら起死回生のアイディアを思いつく人が出るのかもしれ
 ませんが、今の状況では税金の無駄遣い以外の何者でもないでしょう。


2010年02月15日(Mon)▲ページの先頭へ
上野にパンダ
 石原慎太郎都知事が、上野動物園でパンダの飼育展示を再会すると発表
 しました。貸与されるのは中国・北京動物園にいるオスメス3組のうち
 の1組で、命名権は日本側がもつそうです。            
                                 
 同園のパンダは昭和47年に日中国交回復を記念して2頭が初来日して
 以来、計9頭が飼育され親しまれました。平成20年4月にオスのリン
 リンが死んで以来、展示が途絶えていました。パンダの喪失で平成20
 年度の来園者数は、60年ぶりに300万人を下回っていました。  
                                 
 レンタル料は年間95万ドル(約8500万円)です。ジャイアントパ
 ンダは国内では神戸市立王子動物園で2頭、和歌山県白浜町のアドベン
 チャーワールドで7頭が飼育されています。            
                                 
 私も子供の頃、両親にパンダを見に上野動物園に連れてきてもらった記
 憶があります。パンダはずっと寝ていて、係員が繰り返し「パンダは朝
 から寝ています。夕方まで起きません」とアナウンスしていたのが記憶
 に残っています。それでも今では、とても楽しい思い出です。    
                                 
 レンタル料は入場者数が増えれば元は取れると言う事なのでしょうが、
 最近は単なる希少動物と言うより、なんだか中国の政治的な意図などを
 考えてしまうので、見に行ったとしても昔のように純粋な気持ちでは観
 られないでしょうね。特に生息域の一部が元はチベット領だったという
 話を聞くと、素直に観る事は難しそうです。            


2010年02月12日(Fri)▲ページの先頭へ
4000年前の髪でゲノム解析
 デンマークなどの国際研究チームが、グリーンランドの永久凍土から発
 掘された約4000年前の男性の毛髪を使い、ゲノム(全遺伝情報)の
 大半を解析する事に成功しました。男性の祖先は比較的近い北米ではな
 く、シベリアからグリーンランドに移住した可能性が高い事がわかりま
 した。現在グリーンランドに居住する人々とは、別の人種である事も同
 時にわかっています。                      
                                 
 チームは外見などの特徴と関連する遺伝子も分析しています。男性の外
 見は、浅黒い肌、茶色の目で、遺伝的に薄げになりやすい事もわかりま
 した。                             
                                 
 そもそも、グリーンランドのような自然環境が厳しいところに住み着こ
 うと思ったのも不思議なのですが、それがわざわざシベリアからアメリ
 カ大陸北部を経由してグリーンランドにたどり着いたと言うのですから
 不思議です。いったいこの男性の先祖は、どのような理由で住み慣れた
 土地を離れて移住したのでしょうか。               
                                 
 そしてこの男性が死んだ後は、一緒に行動していただろう人達はどこへ
 行ったのでしょうか。そういうことはいくらゲノム解析が進んでもわか
 らないのでしょうが、なんとか解明される日が来ないものかと思ってし
 まいます。                           


2010年02月10日(Wed)▲ページの先頭へ
次はクロマグロが標的
  南極海で日本の捕鯨船団に対して攻撃を続けるシー・シェパードの代表
 は、今回の反捕鯨キャンペーンの後、地中海のクロマグロ漁妨害を行う
 と宣言しました。世界のクロマグロの8割を消費する日本を、再度標的
 にする狙いがあると見られています。一方で、先日の日本船との衝突に
 ついて「全ての比は日本側にある」との従来の主張を繰り返しました。
                                 
 抗議船は、日本が調査捕鯨を終える春頃まで南極海に展開させ、その後
 できるだけ早い時期に地中海に移動させるとしています。抗議線には日
 本人女性が通訳として乗船しており、電話インタビューに「シー・シェ
 パードはけが人が出るような振る舞いはいっさいしていない」などと話
 しているそうです。                       
                                 
 私は衝突のシーンをインターネットの動画サイトで見ましたが、どう見
 てもシー・シェパード側が故意的に衝突しようとしていました。だいた
 い、そもそも日本側は追いかけられていただけなので、抗議船が近くに
 寄っていった事自体が間違っているのですが。           
                                 
 シー・シェパードは多額の寄付を受けながら活動をしているとのことで
 すが、こういうニュースを見ると日本人が嫌いなアメリカ人やオースト
 ラリア人はたくさん居るのだなと思ってしまいます。ただ、地中海で漁
 をしているのは同じヨーロッパ人で、日本の捕鯨船と違って妨害されて
 黙っていると言う事はないでしょうから、どうなるかはちょっと楽しみ
 だったりします。                        


2010年02月09日(Tue)▲ページの先頭へ
命がけのカラオケ
 インターナショナル・ヘラルド・トリビューンによると、フィリピン国
 内では、フランク・シナトラが歌って世界的に有名になったマイ・ウェ
 イをカラオケで熱唱したのに伴ういさかいから殺人事件が多発している
 そうです。こうした事件は「マイ・ウェイ殺人」と呼ばれるまでになっ
 ており、このため多くのカラオケ店がマイ・ウェイを選曲リストから外
 すようにしているそうです。                   
                                 
 この事件が断トツに多い理由は、マイ・ウェイはフィリピンでは誰でも
 知っていて一家言をもっている曲だからとの事です。この曲の歌詞も、
 歌う側を誇らしくすると同時に傲慢にもする結果、トラブルが起きやす
 くなるとの分析もあります。フィリピンでは国民総芸能人とも言えるほ
 ど平均的に音感とリズム感が良く、カラオケ好きの人が多いとされてい
 ます。一方で、銃が半ば野放しになっており、口論がヒートアップした
 場合は殴り合いでは済まなくなるという事情もあるようです。    
                                 
 このニュースだけを見ると、フィリピンの国民性と言うのは結構熱くな
 るタイプのようです。私などは「他人に文句を言われるのが嫌なら、人
 前で歌なんて歌わなければ良いのに」と思うのですが。日本では文句を
 つけられる事は稀ですが、それでもカラオケから10年以上遠ざかって
 いる私としては、信じられない気持ちです。            
                                 
 それと、やはり銃が当たり前のように出回っている社会というのはろく
 な事が無いですね。日本で銃が出回ったら、犯罪が増えるのはもちろん
 ですが、銃による自殺が増えて今よりさらに自殺者数が増加する事請け
 合いです。銃が蔓延していないところは、先進国中でも日本が世界に誇
 るべき点ではなかろうかと思います。               


2010年02月08日(Mon)▲ページの先頭へ
死刑容認85%
 内閣府の調査で、死刑につい「場合によってはやむを得ない」と答えた
 人が85.6%となり、昭和31年から行われている過去9回の調査で
 最多となった事がわかりました。その逆に「どんな場合でも廃止すべき
 だ」とした人はわずか5.7%でした。法務省はこの結果に付いて「死
 刑は肯定的に受け止められている」と説明しています。       
                                 
 死刑容認の理由としては、「被害者や家族の気持ちが収まらない」「凶
 悪犯罪は命をもって償うべきだ」「廃止すれば犯罪が増える」などが多
 かったです。廃止の理由としては、「生かして償いをさせた方が良い」
 「裁判に誤りがあったとき、取り返しがつかない」との回答が目立ちま
 した。更に、死刑を容認する人のうちの6割が、「将来も廃止しない方
 が良い」としています。                     
                                  
 私も個人的には死刑容認の考えですが、容認の人がここまで多いとは思
 いませんでした。もっとも、現在のように死刑確定した人が100人以
 上いる状態は正常ではなく、どんどん執行されなければならないとは思
 うのですが。                          
                                 
 死刑廃止論の人達が挙げる理由で、多少なりとも納得できたのは「刑務
 官の負担が大きすぎる」というのと、「死刑になりたくて無差別殺人を
 する奴が出てくる」というのだけです。いずれもすぐに対策は思いつか
 ない難問ではありますが、死刑を廃止する理由にまではなり得ないと思
 います。それ以外に付いては、個人的には論外だと思っています。  


2010年02月05日(Fri)▲ページの先頭へ
神事か競技か
 大相撲の横綱朝青龍が引退しました。初場所中に一般人に暴行したとさ
 れる問題の責任を取った形です。優勝後に引退した横綱は、大正十四年
 の栃木山以来です。                       
                                 
 私は個人的には朝青龍を応援していたのでとても残念です。色々とトラ
 ブルはおこすものの、一時期の大相撲を支えた偉大な横綱であった事は
 間違いないでしょう。                      
                                 
 大相撲は他にも色々とトラブルが報じられていますが、私は相撲が格闘
 技の一つであるとともに、神事であり、武道であり、国技である事が問
 題なのではないかと思います。単なる競技であれば、(一般人に対して
 暴行するのは問題外ですが、)品格を求められる事は無いでしょう。 
                                 
 このまま行くとよほどの事が無い限りは相撲人気は低迷し、才能のある
 日本人はどんどん別の競技へ流れていくでしょう。最終的には、他の伝
 統芸能のように、補助金などを受けながら細々と続けられるようになる
 のではないでしょうか。                     
                                 
 私が思うに、これを機会に神事部門と競技部門を分離して、別の組織に
 してはどうでしょうか。そうすればチャンピオンに品格を求める必要も
 無く、競技性が高まれば人気も上がるのではないでしょうか。どうせ改
 革をするなら、そのぐらい思い切った事をしないと劇的な人気の回復は
 望めないのではないかと思います。                


2010年02月04日(Thu)▲ページの先頭へ
今日は立春
 今日は立春。暦の上では旧冬と新春の境目に当たり、今日から春になり
 ます。暦便覧には「春の気立つを以てなり」とあります。そうは言って
 も今日の東京は最高気温は6℃と、結構冷え込んでいて、とても春とは
 思えません。                          
                                 
 違和感があるのにはいくつか理由がありますが、季節についての考もそ
 の一つです。西洋風の春は、寒い冬が終わって暑い夏がくるまでの間の
 寒くも暑くもない時期を春としているのに、東洋風の春は太陽の動きか
 ら春分を中心としてその前後の時期を春としているためでしょう。  
                                 
 考え方としては、「少しでも暖かくなり始める気配があったらそこから
 はもう春」という感じに近いかもしれません。そう考えると、立春が一
 年で一番寒い時期なのは当然の事なのかもしれません。逆に立秋は一年
 で一番暑い時期に来るのも頷けます。               
                                 
 月並みではありますが、まだまだ寒い時期が続きますので、皆様もお体
 は大切にしてください。と書いている自分が実は昨日少し体調を崩して
 ブログをさぼってしまったのですが(笑)。            


2010年02月02日(Tue)▲ページの先頭へ
代替フロン排出量増加
 オゾン層を破壊するフロンの代わりとして開発されながら、温室効果の
 大きさが問題になっている代替フロンについて、国内排出量が昨年まで
 に底を打ち、今年から増加に転じる見通しとなった事がわかりました。
 日本は温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減とい
 う目標を掲げていますが、二酸化炭素の1千倍以上の温室効果を持つ代
 替フロンの排出増は、目標達成の足かせとなる見込みです。     
                                 
 排出量が増加するのは、エアコンや冷蔵庫など冷凍空調機器で冷媒とし
 て使われながら、回収されず使用中や廃棄時に放出する分が今後増加す
 るためです。フロンを使わない技術開発の伸び悩みも、排出量増加の背
 景にあります。                         
                                 
 もともと京都議定書のレベルだって達成困難で、現実には炭酸ガスの放
 出量だって減っていないのに、更に代替フロンまで増えるとなると大変
 ですね。最終的には放出権を他国から買うしかないのでしょうが、巨額
 の税金が投入される事になるのでしょう。首相が国際会議で格好を付け
 たいがためにした安易な約束で、国家財政が苦しくなるのですね。  
                                 
 ただ、文句ばかり言っていても始まらないので、これまで以上に空調を
 弱くするなど、個人レベルでできる事を考えて、実行に移していきたい
 と思います。                          


2010年02月01日(Mon)▲ページの先頭へ
18年連続で増加
 全国の児童相談所が対応した虐待相談件数は、統計を取り始めた平成2
 年度以降、18年連続で増加しており、20年度は4万2664件と、
 1日に約120件もの相談が寄せられていることが厚生労働省の発表で
 わかりました。                         
                                 
 また、厚生労働省の専門委員会が19〜20年に発生した子どもの死亡
 事例73件(心中を除く)を分析したところ、児童相談所が関わりなが
 ら死亡にまで到った例が15件で、関係機関が支援の必要は無いと判断
 した例が22件あり、行政対応の不十分さが浮かび上がりました。  
                                 
 江戸川区で先日起きた事件を受けて、厚生労働省と文部科学省は、虐待
 の恐れがあると学校や児童相談所に通報があった自動に付いて、学校が
 毎月、出席日数の情報を児童相談所に提出する仕組みを作る方針です。
                                 
 このニュースを新聞で見て、余りの相談件数の多さに驚きました。相談
 を受けた件数だけで4万件以上という事は、実際に虐待が行われている
 ケースはもっと多いという事なのでしょう。家庭の問題に対して、他人
 が関わっていくというのには色々と障害はあるのでしょうが、せっかく
 仕組みを作って法律も整備されつつあるので、少しでも減らす方向で頑
 張ってもらいたいものですね。                  


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年2月
 
           

アーカイブ
2006年 (169)
5月 (11)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (21)
9月 (24)
10月 (23)
11月 (19)
12月 (20)
2007年 (198)
1月 (17)
2月 (21)
3月 (15)
4月 (18)
5月 (10)
6月 (21)
7月 (19)
8月 (18)
9月 (13)
10月 (22)
11月 (11)
12月 (13)
2008年 (198)
1月 (15)
2月 (18)
3月 (16)
4月 (24)
5月 (18)
6月 (17)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (17)
10月 (15)
11月 (10)
12月 (13)
2009年 (202)
1月 (17)
2月 (17)
3月 (18)
4月 (18)
5月 (13)
6月 (20)
7月 (19)
8月 (12)
9月 (19)
10月 (17)
11月 (14)
12月 (18)
2010年 (48)
1月 (16)
2月 (18)
3月 (14)

アクセスカウンタ
今日:64
昨日:989
累計:1,143,418