4万年前の中央アジアに古人類

4万年前の中央アジアに古人類




[PR]



2010年03月25日(Thu)
4万年前の中央アジアに古人類
 ドイツ、アメリカ、ロシアなどの国際研究チームが、約4万年前の中央
 アジアに「未知の古人類」が生息していたと発表しました。シベリア南
 部の洞窟で見つかった化石からミトコンドリアDNAを解読し、進化系
 統を分析しました。未知の古人類は、厳正人類やネアンデルタール人と
 共存していたい可能性もあるそうです。              
                                 
 化石はロシア、モンゴル、中国の国境に近いシベリア南部・アルタイ山
 脈の「デニソワ洞穴」で見つかったもので、4万8千〜3万年前のもの
 です。今回は10ミリグラムの化石の粉から、細胞内小器官「ミトコン
 ドリア」のDNA解析に成功し、ネアンデルタール人とも現代人の祖先
 とも異なる系統の人類と結論づけました。             
                                 
 化石が見つかった洞穴からは、多くの石器や骨器が見つかっており、ネ
 アンデルタール人や現代人の祖先と近接して暮らした事が示唆されると
 言います。研究チームは、中央アジアでは、これまで考えられていたよ
 り多様な人類が共存していた可能性がある、としています。     
                                 
 わずか10ミリグラムの化石からDNAを採取して分析できるなんて、
 そしてそこから進化の系統までわかってしまうなんて凄いですね。まる
 で映画のジェラシックパークみたいな事も、恐竜ほど古くて情報が少な
 い場合は難しいでしょうが、この古人類やネアンデルタール人ぐらいな
 ら可能なのでしょうね。もちろん倫理的な問題がありますので、やって
 ならないとは思いますが。                    


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年3月
 
25
     

アーカイブ
2006年 (169)
5月 (11)
6月 (26)
7月 (25)
8月 (21)
9月 (24)
10月 (23)
11月 (19)
12月 (20)
2007年 (198)
1月 (17)
2月 (21)
3月 (15)
4月 (18)
5月 (10)
6月 (21)
7月 (19)
8月 (18)
9月 (13)
10月 (22)
11月 (11)
12月 (13)
2008年 (198)
1月 (15)
2月 (18)
3月 (16)
4月 (24)
5月 (18)
6月 (17)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (17)
10月 (15)
11月 (10)
12月 (13)
2009年 (202)
1月 (17)
2月 (17)
3月 (18)
4月 (18)
5月 (13)
6月 (20)
7月 (19)
8月 (12)
9月 (19)
10月 (17)
11月 (14)
12月 (18)
2010年 (48)
1月 (16)
2月 (18)
3月 (14)

アクセスカウンタ
今日:52
昨日:989
累計:1,143,406